人間の値打ち

動画『人間の値打ち』を無料視聴

3つの視点で欲望の本質を描く

原題:Il capitale umano
製作:イタリア・フランス(2013年)
日本公開日:2016年10月8日
上映時間:109分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
イタリアのパオロ・ビルツィ監督が、ひき逃げ事件をめぐって交錯する2組の家族の運命をミステリー仕立てで描き、世界中の映画祭で賞を受賞した人間ドラマ。不動産業を営むディーノは、娘セレーナの恋人の父親である投資家ジョバンニと知り合い、自分も儲けを得ようと借金をしてジョバンニのファンドに投資する。そんな中、ジョバンニの家の近くでひき逃げ事件が発生し…。

【スタッフ】
監督:パオロ・ビルツィ
脚本:パオロ・ビルツィ、フランチェスコ・ブルーニ、フランチェスコ・ピッコロ
撮影:ジェローム・アルメーラ
音楽:カルロ・ビルツィ

【キャスト(キャラクター)】
バレリア・ブルーニ・テデスキ(カルラ・ベルナスキ)、ファブリッツィオ・ベンティボリオ(ディーノ・オッソラ)、マティルデ・ジョリ(セレーナ・オッソラ)、ファブリツィオ・ジフーニ(ジョバンニ・ベルナスキ)、バレリア・ゴリノ(ロベルタ)、ルイジ・ロ・カーショ(ドナード・ルッソマンノ)

【動画】


▼動画リンク▼

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

名無しさん(2016年12月10日) star_5
典型的なグランドホテル方式で1つの事件をめぐりさまざまな人間模様を描いていき、章が進んでいくにつれて、真相が浮き彫りなっていく。どんどんつながっていく感覚が非常に楽しい。被害者側がほとんど登場せず、豊かな加害者側にスポットを当てていくのも面白く、タイトルのとおり「人間の値打ち」について考えさせられる。誰がどんな役回りなのかは大きなネタバレになってしまうが、それを知っていく過程は快感だし、最後は少しの希望がスパイスのように効いてくる。本音と建前、人間は複雑だ。
シアターさん(2017年1月18日) star_5
賞を受賞と宣伝されると本当に面白いのかと不安になるが、大丈夫。この映画、最高です。本作ですが明白な3部構成になっています。小さな不動産業を営む冴えない小悪党ディーノ、一緒にいたくはない鬼畜の奥さん、ディーノの娘で鬼畜の息子の恋人、この3人がそれぞれの目線になります。第4の視点として登場してもよさそうな被害者の視点は映されないのです。そこがまた、上手いね。21万ユーロは約2800万円。98万ユーロは1億3000万円。値打ちってそういうことなのかな。ラストのセレーナ&ルカの微笑みにこそ意味がある気がしてならないですけど。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。