凶悪(2013)

最恐最悪のピエール瀧&リリー・フランキー

原題:凶悪
製作:日本(2013年)
日本公開日:2013年9月21日
上映時間:128分
製作会社:日活
配給:日活
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
死刑囚の告発をもとに、雑誌ジャーナリストが未解決の殺人事件を暴いていく過程をつづったベストセラーノンフィクション「凶悪 ある死刑囚の告発」を映画化。取材のため東京拘置所でヤクザの死刑囚・須藤と面会した雑誌ジャーナリストの藤井は、須藤が死刑判決を受けた事件のほかに、3つの殺人に関与しており、そのすべてに「先生」と呼ばれる首謀者がいるという告白を受ける。須藤は「先生」がのうのうと生きていることが許せず、藤井に「先生」の存在を記事にして世に暴くよう依頼。藤井が調査を進めると、やがて恐るべき凶悪事件の真相が明らかになっていく。

★【スタッフ】
監督:白石和彌(関連作品:『ロストパラダイス・イン・トーキョー』)
脚本:高橋泉、白石和彌
撮影:今井孝博
音楽:安川午朗

★【キャスト】
山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキー、池脇千鶴、白川和子、吉村実子、小林且弥、斉藤悠、範田紗々、米村亮太朗、松岡依都美、村岡希美、外波山文明

【無料動画】

映画『凶悪』予告編

映画『凶悪』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【Gyao】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地(2016年1月24日) 
ホラー映画よりもコワイ、いや、これこそが本当のジャパニーズ・ホラーと断言していいだろう。リリーフランキーとピエール瀧の持ち味を最大限に活かして、やりたい放題やりまくっている。こんなにタイトルにぴったりな映画もない、凶悪だらけの所業の数々。背筋が寒くなる演技と言えば、それまでですが、人間もここまで悪に堕ちることができるのかと震えると同時に、それを演技できる二人が怖い。もちろん役者の皆さんは良い人…と言い聞かせる。
●映画フリー (2016年2月9日) 
注意点としてはこの映画のせいでピエール瀧とリリーフランキーのイメージが固定化されて他の映画を観ることができなくなるという危険性があります。それくらいのトラウマ級映画です。しかし、この二人以上に実は凶悪なのは山田孝之演じる主人公なのではないかと思わせる演出に気づくとまたゾッとすることになります。もう世の中、凶悪だらけなのでしょうか。そして、これを観ている観客もまた凶悪の世界に足を踏み入れているということに…。
●BILIBILI (2016年2月23日) 
キャスティングが完璧すぎる。失礼な言い方だけど、本人にしか見えない。終盤の山田孝之がファインダー越しにリリー・フランキーに「見返される」場面なんてもう本当にホラー。ピエール瀧の「ぶっこんじゃお」は名言で、意味もなく連発したくなる。記者の藤井(山田孝之)も怖かった。家族を犠牲にしても自分本位の正義感で事件にのめり込む藤井に対して、一人で藤井の母の介護と向き合う藤井の妻は、悪に翻弄される一番の犠牲者かもしれない。
●PARAVI (2016年4月3日) 
残虐なシーンのオリンピックみたいなものなので、耐性のない人は覚悟してください。でも、これは間違いなく日本の映画史に残るバイオレンス映画の傑作なので、必見の価値あり。本当の悪人を摘発するために動く主人公の記者が犯罪の真実を追求していくストーリーと表現すると、最終的に良い終わりを期待するがそんなものはない。なぜならあの記者でさえ凶悪な存在によって生の充実を実感しているから。悪と生きることは紙一重なのでしょうか。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)