わが母の記

役所広司、樹木希林、宮崎あおい…豪華キャスト総出演

原題:わが母の記
製作:日本(2012年)
日本公開日:2012年4月28日
上映時間:118分
製作会社:
配給:
製作費/興収:

井上靖の自伝的小説「わが母の記」3部作(講談社文芸文庫刊)を、「クライマーズ・ハイ」の原田眞人監督が映画化。役所広司、樹木希林、宮崎あおいら実力派キャストで10年間にわたる親子、家族の愛を描く。昭和39年、小説家の伊上洪作は、父が亡くなり母・八重の面倒を見ることになる。幼少期に母と離れて暮らしていたため距離を置いていた洪作だったが、妻や3人の娘、妹たちに支えられ、自身の幼いころの記憶と八重の思いに向き合うことに。八重は薄れゆく記憶の中で息子への愛を確かめ、洪作はそんな母を理解し、次第に受け入れられるようになっていく。

★【スタッフ】
監督:原田眞人
脚本:原田眞人
撮影:芦澤明子
音楽:富貴晴美

★【キャスト】
役所広司、樹木希林、宮崎あおい、南果歩、キムラ緑子、ミムラ、菊池亜希子

【無料動画】

『わが母の記』予告編

『わが母の記』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
この映画を観て日本の映画っていいなと再認識しました。邦画をすべてひっくるめて馬鹿にする人もいますが、そういう人は名作に出会えていない可哀想な人です。今作のような丁寧な作品も存在するのですから。樹木希林さんは、年齢を重ねてボケていくところも自然で表情だけでなく実際に身長も縮んでるのじゃないかとさえ感じさせるという、ちょっとレベルの違うことを平然とやっているのが、恐ろしいくらいに凄いです。なんなのでしょうか。
●映画フリー  
役所広司と樹木希林が母と子の熱演をする…後は仰々しい演出で名優二人が霞まなければいい等と心配しながら見始めたが、そんな一抹の不安はすぐにかき消されました。旅館で浴衣を着て、映画を見た様な気分で…とても郷愁的に落ち着けて、すこぶる見心地が良かったのを今でも覚えています。原田眞人監督は今までとは全く違い、とにかく抑制の効いた演出にこだわり、風景を大事にしつつ、全編に渡り優しい視線で描き切るのが素晴らしいですね。
●BILIBILI 
終盤での突然のあの独白と詩のシーンは涙腺がやられ、邦画史に残る名シーンとして記憶に残りました。日々、耄碌する母がまるで薄れゆく記憶と逆らうように当時の息子への想いを強めていく。その息子の娘役・宮崎あおいが、祖母と父の間にある確かな愛に気づいていく。言葉にするとなんてことはない世界というか、普通じゃないかと思うのですが、なぜか映像で演技で見せられると、自分でも理解できなくライに心を動かされていくのが不思議。
●DAILYMOTION 
主人公の作家さんは、まさに亭主関白といった男ですが。それでも母親そして娘達を見守る人格者として描かれ、この時代のひとつの軸になっていたのだなとじゅうぶん推察できます。軽快な台詞で転がっていくのも見ていて気持ちがよく、日本の家族の良い部分を見せてくれてよかったなと思うしだい。日本の家族も時代とともに変化して、これからも変わっていくのでしょうけど、こういう映画がそれを記録に残してくれるのもいいなと思ったり。