17歳の肖像

人気辛口ジャーナリストの実体験に基づくホロ苦ラブロマンス

イギリスの人気記者リン・バーバーの回想録を基に、ベストセラー作家のニック・ホーンビィが脚本を手掛けた注目の青春ドラマ。1961年、ロンドン郊外。ある雨の日、オックスフォード大学を目指す優等生のジェニーは、倍も年の離れた男性と恋に落ち、勉強漬けの日々からは想像もできなかった刺激的な世界を体感していく。

原題:An Education / 製作:イギリス(2009年) / 日本公開日:2010年4月17日 / 上映時間:100分 / 製作会社: / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

★【スタッフ】
監督:ロネ・シェルフィグ
脚本:ニック・ホーンビィ
撮影:ジョン・デ・ボーマン
音楽:ポール・イングリッシュビィ

★【キャスト】
キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、アルフレッド・モリーナ、ロザムンド・パイク、オリビア・ウィリアムズ

【無料動画】

17歳の肖像 (字幕版) – 予告編

17歳の肖像 (字幕版) - 予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
Rotten Tomatoes 94%

第82回アカデミー賞で作品賞、主演女優賞、脚色賞にノミネート。

★【感想・批評】

名無しさん(2011年5月5日) 
「進学する意味って何?」って子供なら誰しもが一度は抱く疑問と「進学はやっぱり必要!」って大人になったら誰しもが一度は思い返す結論の両方が2時間弱で体験できる映画でした!何だかんだあっても、良識があり応援してくれる先生や両親の愛情によって正しい道に戻れた主人公を確認できて、心から安心しました。高校生の頃に自分も大学生の世界に憧れてたなって思った。高校生の頃に見ても、憧れてた世界に入った後でも、いつ見てもその時の気持ちを思い出せる。綺麗な映画でした。
名無しさん(2011年5月5日) 
とても素敵な映画だった。同世代としてジェニーに共感せずにはいられない。最初の方はすごく羨ましいなあ、なんて思ってみたり。でも、ただのラブストーリーで終わらないのがこの映画の良さ。人生の本当に大切なことは何か、そんなことを考えさせられる。女の子の人生の教科書だと思う。クールな雰囲気のキャリー・マリガンが、夢うつつな世界に酔うティーンエイジャーをよく表現していて、痛々しすぎないで、かわいらしい。主人公のその後の人生の幸運を、願わずにはいられない。大人になっても17歳くらいのころの気持ちって大事にしたいなって思える映画です!