THE CODE 暗号

「探偵事務所5」シリーズの劇場版第2弾

原題:THE CODE 暗号
製作:日本(2008年)
日本公開日:2009年5月9日
上映時間:124分
製作会社:
配給:日活
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
「私立探偵 濱マイク」の林海象監督による探偵ドラマ「探偵事務所5」シリーズの劇場版第2弾。天才的な暗号解読の才能を持つ探偵507の元に、上海支部から新たな暗号解読の依頼が届く。これまで見たこともない複雑な暗号に魅入られた彼は上海へと向かい、依頼人である歌姫・美蘭に接触するが…。

★【スタッフ】
監督:林海象
脚本:林海象、徳永富彦、久万真路
撮影:柴主高秀
音楽:めいなCo.

★【キャスト】
尾上菊之助、稲森いずみ、松岡俊介、斉藤洋介、佐野史郎、テイ龍進、貫地谷しほり、宍戸錠、松方弘樹、柏原収史、上原歩、津田寛治、宮迫博之、夏生ゆうな、鈴木リョウジ、虎牙光揮、吹越満、坂井真紀、窪塚俊介、成宮寛貴

【無料動画】
(C)2008 THE CODE プロジェクト. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月14日) 
何だろう、とにかく良い雰囲気なんです。エンドロールの後しばらく座って余韻を楽しんでしまいました。賛否は当然激しく分かれるでしょうね。ワタシは濱マイク3部作からのファンなので甘口な方ですが、これほど徹底して、全シリーズが不思議な空気の映画は他には無いと断言します。”5″シリーズ、マイク、林海象ファン以外にも受け入れられると良いと思いますが困難なのかも。尾上菊之助さんとは驚きましたが良いですねぇ、色気が凄いです。
映画フリー (2016年1月18日) 
探偵映画!という部分あり、海外ロケあり、爆発シーンあり。悲しいシーンもあり。尾上菊之助さんが、体当たりで演技してる映画です。舞台のうえでは見られないシーン満載!とにかく大画面で!アップが多い!ファンの方は必見!画面が丁寧に仕上げてあって キレイ!もう一回観たいです!!もう少しタイトルにある暗号を解く過程が楽しめると良かったと思うけど、そこはオマケ。それでもこの映画、見所満載で、とってもおススメです。
BILIBILI (2017年7月18日) 
今となってはこの映画、いろいろいわくつきの作品になってしまいました。とくに俳優。加勢大周が大麻所持の疑いで警察に書類送検。成宮寛貴が違法薬物を使用した疑惑で芸能界から消える。なんというか呪われているのでしょうか。そこの謎はぜひ探偵には解き明かしてほしいのですけど、ダメですか。いいじゃないですか、芸能界の闇とかのほうが観客も関心がある問題だと思うのです。もっとズカズカと踏み込んでいってくださいよ。
DAILYMOTION (2017年7月23日) 
こう全体的に一つの時代を象徴するレトロな映画っぽさが漂っている。それは探偵という不特定の人物を主人公にした、一種の顔のない構成であるためか、あまり今の俳優推しな看板がベタっとした映画という雰囲気ではないからかもしれない。そういう違和感すら今では感じる構成も、すでに味となって定着しているこの映画は、これからも密かに支持され続けるのではないかと思わせる。シリーズとしてはもっと見たいものがあったのだが、残念だ。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)