グッモーエビアン!

ROCKで賑やかな家族ドラマ

原題:グッモーエビアン!
製作:日本(2012年)
日本公開日:2012年12月15日
上映時間:106分
製作会社:「グッモーエビアン!」製作委員会
配給:ショウゲート
製作費:
興行収入:

吉川トリコの人気小説を大泉洋&麻生久美子の主演で映画化。未婚の母アキと中学生の娘ハツキ、アキが所属していたパンクバンドのメンバーだったヤグが織り成す、一風変わった家族の姿を描く。若い頃はパンクバンドのギタリストで、17歳の時にハツキを産んだアキと、しっかり者の娘ハツキ。性格こそ対照的だが親友のように仲良しな親子関係を築いていた2人のもとに、ある日、海外放浪の旅をしていた自由人ヤグが2年ぶりに戻ってくる。アキは昔からヤグのことが好きで、ヤグも自分の子どもではないハツキが生まれる前から、アキと暮らしていた。久々の3人の生活が始まったが、思春期のハツキはなぜかその状況にいらだってしまい…。

★【スタッフ】
監督:山本透
脚本:山本透、鈴木謙一
撮影:小松高志
音楽:葉山たけし

★【キャスト】
麻生久美子、大泉洋、三吉彩花、能年玲奈、竹村哲、小池栄子

【無料動画】

『グッモーエビアン!』予告編

『グッモーエビアン!』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年3月2日) 
ロック感全くなしのロックを前面に出した不思議な映画で、ロックという言葉が迷子なのですが、もう気にしなくてもいいかなと思うくらいの感じではあります。リアリティは全くといっていいほどなく、そこがロックなのかもしれない。役者は素敵。能年玲奈時代ののんちゃんが観られて、逆に新鮮です。改めて、尋常じゃないほどのキラキラ感が能年玲奈のシーンでずーっとダダ漏れでそれだけで癒されます。
夢心地さん(2016年3月14日) 
「グッモーエビアン!」はいい加減でいつもふざけた調子の大泉洋を象徴する言葉として作品のタイトルになっている。型にハマらないひとつの家族のあり方。ロックな生き方って社会の中ではマイナーだし、逆になかなか難しい。たとえ変な奴といわれようとも、その生き方を貫く自由はある。その姿は他人の心を開き、希望につながる瞬間がある。「今行かなきゃ、もっと痛くなる!」と叫んだヤグの言葉にグッときた。