インビクタス 負けざる者たち

動画『インビクタス 負けざる者たち』を無料視聴

人種を超えた融和の先に勝利がある

原題:Invictus
製作:アメリカ(2009年)
日本公開日:2010年2月5日
上映時間:134分
製作会社:Liberty Pictures
配給:ワーナー・ブラザース
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
76% Rotten Tomatoes

第82回アカデミー賞で主演男優賞と助演男優賞にノミネート。

【あらすじ】
南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領と同国代表ラグビーチームの白人キャプテンがワールドカップ制覇へ向け奮闘する姿を、クリント・イーストウッド監督が描いた人間ドラマ。1994年、南アフリカ初の黒人大統領となったマンデラは、アパルトヘイトによる人種差別や経済格差をなくし、国をまとめるためには、95年に自国で開催されるラグビーワールドカップでの優勝が必要と感じ、代表チームのキャプテン、ピナールとの接触を図る…。

【スタッフ】
監督:クリント・イーストウッド
脚本:アンソニー・ペッカム
撮影:トム・スターン

【キャスト】
モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターン、ジュリアン・ルイス・ジョーンズ、アッジョア・アンドー、マルグリット・ウィートリー、レレティ・クマロ、パトリック・リスター、ペニー・ダウニー

【動画】

インビクタス 予告篇

インビクタス 予告篇


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!

▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】
宇多丸:ザ・シネマハスラー
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

映画フリー (2016年3月15日) star_5
近年まで悪政として、その名を残す南アフリカ共和国のアパルトヘイト政策。それは白人が黒人を生活圏から隔離するというものでした。この映画の登場人物ネルソン・マンデラ大統領は、その差別うずまく政策を食い止め、解放に導いた人物としてノーベル平和賞を受賞した人物です。その彼が次にやったこと、それは白人を追い出すことではない。黒人に沸き上がる白人嫌悪を沈めて、融和へと導くことだった。この精神、まさに今こそ必要なものである。
OPENLOAD (2016年3月18日) star_5
スポーツって本当に人を感動させる。スポーツと国は関係ないとかいう人もいるけれど、やはり国民全体が注目するこのイベントはただの個人の問題以上の意味があると思う。異なる人種、異なる宗教、そういった違う者同士が一致団結する機会はなかなかない。あとはそのスポーツを正しく導くリーダーがいる。モーガンフリーマン演じるこの映画のネルソン・マンデラはまさにそんな完璧な指導者を体現していた。インビクタス、この単語が全てだ。
STREAMANGO (2017年4月22日) star_5
クリント・イーストウッド、ほんと、良い映画を作るなぁ。自分は自分の魂の指揮官なのだと盛んに言い聞かせるマンデラは「赦しから始まる」と言う。こう聞いて、私は最近、何かを許しただろうかと思ってしまう。白人支配からの反転で有色人種の大統領がやったことは、白人排除ではなかった。しかし、今の時代はどうだろう。皆が誰かを憎んでばかり。憎しみは膨れ上がり、常に誰かを排除しようとしている。ひとつでいいから許してみよう。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする