トータル・リコール(2012)

動画『トータル・リコール(2012)』を無料視聴

フィリップ・K・ディックの人気SFを再映画化

原題:Total Recall
製作:アメリカ(2012年)
日本公開日:2012年8月10日
上映時間:118分
製作会社:Original Film
配給:ソニー・ピクチャーズ
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 30%

★【あらすじ】
フィリップ・K・ディックの短編小説を映画化したアーノルド・シュワルツェネッガー主演の同名SFアクションを、コリン・ファレル主演で新たに映画化。監督は「ダイ・ハード4.0」のレン・ワイズマン。戦争の果てに環境が荒廃した近未来。工場労働者のダグラス・クエイドは、退屈な日々の生活に嫌気がさし、記憶を売買するリコール社を訪れる。しかし、クエイドが新しい記憶を植えつけられようとしたとき、突然、警官隊が襲来。クエイドは思わぬ戦闘能力を発揮し、その場を逃げ切る。やがてクエイドは、現在の自分が、記憶を上書きされてダグラス・クエイドという人物になっているだけだということを知り、自分の記憶のどこまでが本物なのか、すべてを疑いながら戦いに巻き込まれていく。

★【スタッフ】
監督:レン・ワイズマン
脚本:カート・ウィマー、マーク・ボンバック
撮影:ポール・キャメロン
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

★【キャスト】
コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセール、ジェシカ・ビール、ブライアン・クランストン、ボキーム・ウッドバイン、ジョン・チョー、ウィル・ユン・リー

【動画】

映画『トータル・リコール』予告編

映画『トータル・リコール』予告編


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月17日) star_5
作中の至る所で旧作の敬意を感じる。レトリックとして旧作を踏襲しつつも火星のテラフォーミングという大きすぎな絵を描かず、あくまで地球内に収めたのはベストな判断。ゲート通過の「あのおばちゃん」が、旧作と同じセリフを言うという憎い演出もある。旧作のハウザーはシュワルツェネッガーなので暴走ゴリラ的な強さだったが、リメイク版のコリン・ファレルはどちらが真の記憶かという大人な葛藤と決断のサスペンスが前面に出ているのも良い。
OPENLOAD (2016年1月18日) star_5
前半はサイバーパンク的でむちゃくちゃ好みだった。しかし、この時代ではそれだけではオリジナリティがないのでいろいろアレンジしてきている。リメイクとしては、シュワ版と比べるとストーリーもシュワ版より丁寧には描かれているが、あの独特の世界観での疾走感ある展開は劣るので、人それぞれの好みの問題だろう。コリンファレルだと漂わす雰囲気からして違いますから、ドキドキハラハラする基本は同じでも、中身が変わるのは無理もない。
DAILYMOTION (2016年1月29日) star_5
前に元作品を見たからもういいかと思ったけど、このリメイク版は新鮮なSF映画として観られて良かった。オリジナル版の火星とかではなく地球の中での設定にしたりしており、プロットをいただいて参考にした程度の本作は、オリジナル版とは別物と考えた方が良いかもしれない。雨がシトシト降っていて、和傘をさす人も見られ、和風看板「夜伴」なども見られるあたりは「ブレードランナー」っぽい。というか、明らかに意識しているとは思う。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする

フォローする(最新更新情報をチェック)