リアル 完全なる首長竜の日

どんなものを見ても驚いてはいけない

原題:リアル 完全なる首長竜の日
製作:日本(2013年)
日本公開日:2013年6月1日
上映時間:127分
製作会社:ツインズジャパン
配給:東宝
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
第9回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した乾緑郎の小説「完全なる首長竜の日」を、佐藤健&綾瀬はるか主演、黒沢清監督で映画化。浩市と淳美は幼なじみで恋人同士だったが、淳美は1年前に自殺未遂で昏睡状態に陥り、いまも眠り続けていた。浩市は淳美を目覚めさせるため、「センシング」という最新医療技術を使って淳美の意識の中へ入り込み、彼女がなぜ自殺を図ったのかを探る。センシング中に出会った淳美は、浩市に「首長竜の絵を探してきてほしい」と頼み、浩市はその絵を探しながら淳美との対話を続ける。しかし、センシングを繰り返すうちに、浩市は見覚えのない少年の幻覚を見るようになり…。

★【スタッフ】
監督:黒沢清(関連作品:『トウキョウソナタ』)
脚本:黒沢清、田中幸子
撮影:芦澤明子
音楽:羽岡佳

★【キャスト】
佐藤健、綾瀬はるか、オダギリジョー、染谷将太、堀部圭亮、松重豊

【無料動画】

映画『リアル 完全なる首長竜の日』予告編

映画『リアル 完全なる首長竜の日』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT×】
VOD4【dTV×】
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video×】
VOD8【Gyao】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月10日) 
予想外の映画でした。自殺未遂して意識がない恋人の意識にセンシングという技術で、潜入して恋人を救うというラブストーリーを根幹に、ホラーテイストを交えつつ最後はモンスターパニックものみたいになるという凄いダイナミックな転身を見せるのですから。黒沢映画としてこの何でもありな世界観を最大限に活かした非常に暴れまくりな一作。フィロソフィカル・ゾンビという記号のような表面だけの存在といい、設定の個性が濃すぎて、最高。
映画FUN (2016年1月18日) 
この作品はテキトーに流して見ていると何が何だかわからずに終わってしまう。観客側が読み解く必要性のある映画です。最近はこういう映画がめっきり減り、「考えなくても楽しめる」がまるで良い事のように語られます。そういう「考えなくても楽しめる」状態の人間こそ、劇中で出てきたフィロソフィカル・ゾンビみたいなものなのに。首長竜の登場とその行動の意味など考察すると非常に深い設定が見えてくる仕掛けがあるので考えて鑑賞すべきです。
BILIBILI (2016年3月19日) 
首長竜が海面より浮上する間際の、合成された波のうねりとその危うい不穏さに目を奪われる。画面上に次々と現れるCG表現の居心地の悪さにどこまでも自覚的な態度を崩さぬ黒沢清は、しかし、宙を浮遊するボールペンをつかまえてそのまま絵を描き始める二回のショットにおいてその安心感すらもあっけらかんと廃棄する度胸。綾瀬はるかの精神世界の無意識の境界を越える瞬間の移行の映像処理も完璧ではないか。映像だけでも称賛に値する。
OPENLOAD (2016年3月24日) 
「TV局企画の映画だからか、分かりやすい見せ場のために後半がジュラシックパークでした」なんていうアホな感想を言う人がいるのが悲しい。そこにこそこの映画の最大のドラマ的仕掛けがあるのに。ビジュアルばかりに目を釘付けになってはいけない、というのはこの監督の常套手段であり、必ず細部に異変があるというのは劇中でさえも語られている。つまり、観客さえもセンシングを体験させて試しているのだ。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)