クライム・スピード

もう後戻りできない

原題:American Heist
製作:アメリカ(2014年)
日本公開日:2015年11月7日
上映時間:94分
製作会社:Enjoy Movies
配給:東京テアトル、日活
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 15%

★【あらすじ】
1959年製作のスティーブ・マックィーン主演作「セントルイス銀行強盗」をリメイクしたクライムサスペンス。服役を終えて出所したフランキーは、自動車整備工として真っ当な人生を歩もうとしていたが、そんなフランキーの前に犯罪者の兄ジェームスが現れる。犯罪から足を洗いたいフランキーは、兄とも関わりを持ちたくなかったが、騙されて銀行強盗の片棒を担がされてしまったばかりか、強盗に失敗して銀行内に取り残されてしまう。逃げた仲間は警察に追われ、絶体絶命という状況の中、兄ジェームスがある行動に出る。

★【スタッフ】
監督:サリク・アンドレアシアン(関連作品:『キル・オア・ダイ 究極のデス・ゲーム』)
脚本:ラウル・イングリス
撮影:アントニオ・カルバッシュ

★【キャスト】
ヘイデン・クリステンセン、エイドリアン・ブロディ、ジョーダナ・ブリュースター、エイコン、トリー・キトルズ

【無料動画】

エイドリアン・ブロディ×ヘイデン・クリステンセン!映画『クライム・スピード』予告編

エイドリアン・ブロディ×ヘイデン・クリステンセン!映画『クライム・スピード』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼Hulu(2週間無料お試し)
人気の日本や海外のドラマシリーズも豊富に充実! PC・スマートフォン・タブレット・テレビどの端末からでもウォッチ。
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
映画配信サービス比較 Hulu
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月10日) 
ヘイデン・クリステンセン、こんなところにいたのか。例の大作に出て以来、扱いが低いですよね。普通あれだけの大作に出演したら、もう少し注目度が上がるものなのですけど。今作は兄弟の物語。兄弟の一方が世間知らずなゆえに、いつも騙され利用される。また、兄弟だからこそ、そんな片割れを避けたくても、なんだかんだで受け入れてしまい気がつくと自分もその片棒を追えなくなる弱さ。兄弟あるあるが詰まっているなかの虚しい犯罪映画でした。
OPENLOAD (2016年1月11日) 
元ネタはスティーブ・マックイーン主演で1959年に製作された「セントルイス銀行強盗」。その舞台を現代に置き換えてイマドキな受けを狙ったアレンジも加えてあります。ヘイデン・クリステンセン、エイドリアン・ブロディ、ジョーダナ・ブリュースターと豪華な俳優も揃え、準備万端。エイドリアン・ブロディはやっぱりヘタレ兄貴なんだなぁ。強盗が始まってからのシーンは見ごたえある緊迫感があり、警官との銃撃戦もかなりの迫力で悪くないです。
DAILYMOTION (2018年1月29日) 
ロシアのヒーロー結集アクション映画「ガーディアンズ」を生み出し、盛大に大コケしたサリク・アンドレアシアンのハリウッド進出を記念する一作で、俳優や映像を見る限り、なかなかの好待遇じゃないでしょうか。わりとたくさん映画を作っているので、場数は踏んでいるだけあって、作りは堅実。ただ、なんというか、性急で突貫工事で完成させた雰囲気はあります。「クライムスピード」もまたそんな勢い任せな感じですが、これも作家性ですかね。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)