モンスターズ・インク

動画『モンスターズ・インク』を無料視聴

子どもの悲鳴が元気の源!

原題:Monsters, Inc.
製作:アメリカ(2001年)
日本公開日:2002年3月2日
上映時間:92分
製作会社:Pixar Animation Studios
配給:ブエナ・ビスタ
製作費:1億1500万ドル
興行収入:5億7700万ドル
次作:『モンスターズ・ユニバーシティ

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes 96%

第74回アカデミー賞で主題歌賞(“If I Didn’t Have You”)を受賞。

【あらすじ】
モンスターズ株式会社は、人間界に侵入して人間の子供の悲鳴を採集、それをエネルギー源にモンスターシティに電力を供給する会社。しかし、子供はたいへん有害なので、シティに連れ帰ることは禁止されている。同社のエリート社員、サリーはみんなが憧れる悲鳴採集の名人だが、ある日、人間の子供、ブーが、彼についてシティに来てしまう。

【スタッフ】
監督:ピート・ドクター
共同監督:リー・アンクリッチ、デビッド・シルバーマン
製作総指揮:ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン
脚本:ダン・ガーソン、アンドリュー・スタントン
音楽:ランディ・ニューマン

【キャスト(キャラクター)】
ジョン・グッドマン(ジェームズ・P・サリバン)、ビリー・クリスタル(マイク・ワゾウスキ)、メアリー・ギブス(ブー)、スティーヴ・ブシェミ(ランドール・ボッグス)、ジェームズ・コバーン(ヘンリー・J・ウォーターヌース社長)、ジェニファー・ティリー(セリア・メイ)、ボブ・ピーターソン(ロズ)、ジョン・ラッツェンバーガー(イエティ)、ダン・ガーソン(スミティ)、フランク・オズ(ジェフ・ファンガス)

【動画】


▼動画リンク▼

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
TSUTAYATV


▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月3日) star_5
この不思議な世界観の映画は2つの普遍的なテーマがあると思います。1つ目は自分たちに理解できないものは恐怖の対象でしかないこと。2つ目はエネルギー問題です。この2つを結び付けてこんな独創的なストーリーで物語るなど、そうそう思い付かないです。ピクサーの世界観構築力に脱帽。この高難易度な設定を見事に成功させているのだから、作り手は天才じゃないかと。この秀逸なユニークすぎるアイディアだけでも盛大な拍手を送りたいです。
映画フリー (2016年1月8日) star_5
人間界の子供の悲鳴をインフラエネルギーとするモンスター界のサリーとマイクと人間界の幼い女の子ブーのお話。子育て映画ですね。ブーがすごく可愛らしい。モンスターシティでモンスターの着ぐるみを着てる時なんか最高にキュート。泣き声よりも笑い声が世界を救うっていう展開も素晴らしい。「笑いのパワーは悲鳴の10倍」という名セリフもナイス。何でもないシーンで涙がボロボロこぼれる、とても美しいストーリーでした。
ANITUBE (2016年1月9日) star_5
無印モンスターズインクは歴代ピクサー作品でも突出したユニークさが際立っている。この映画はヲタク達によるハリーハウゼンへのオマージュに徹した娯楽モンスター映画であるのが嬉しい。「恐怖」を否定的に描いているように見えて、本題はそこではなくて「見方を変えること」にある。モンスターを全く怖がらない子どもなど、あらゆる個性を肯定する。古い扉は消えてしまったが、そこには新しい扉が未来に向けて開かれるのだ。