サンドラの週末

動画『サンドラの週末』を無料視聴

マリオン・コティヤールの演技が絶賛された社会派ドラマ

原題:Deux jours, une nuit
製作:ベルギー・フランス・イタリア(2014年)
日本公開日:2015年5月23日
上映時間:95分
製作会社:Les Films du Fleuve
配給:ビターズ・エンド
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes 97%

第68回アカデミー賞で主演女優賞にノミネート。

【あらすじ】
マリオン・コティヤールを主演にした、ダルデンヌ兄弟監督による社会風刺ドラマ。体調不良で休職していたサンドラは、ようやく復職の目途が立つ。そんな矢先のある金曜日、会社が職員へのボーナス支給のために1人解雇しなくてはならず、サンドラを解雇すると通告してくる。同僚のとりなしで、週明けの月曜日に職員たちによる投票を行い、ボーナスをあきらめてサンドラを再び迎えることに賛成する者が多ければ、そのまま復職できることになる。それを知ったサンドラは週末、同僚たちを説得してまわるが…。

【スタッフ】
監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ
脚本:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ
撮影:アラン・マルクーン

【キャスト】
マリオン・コティヤール、ファブリツィオ・ロンジョーネ、オリビエ・グルメ、カトリーヌ・サレ、クリステル・コルニル、ピリ・グロワーヌ

【動画】

映画『サンドラの週末』予告編

映画『サンドラの週末』予告編

© Les Films du Fleuve – Archipel 35 – Bim Distribuzione – Eyeworks – RTBF(Télévisions, belge) – France 2 Cinéma


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 U-NEXT
TSUTAYA DISCAS/TV(30日無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 TSUTAYA
ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Videomarket
Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Netflix
Amazonプライム・ビデオ(30日無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

映画フリー (2016年1月15日) star_5
ダルデンヌ作品のファンですが、今まで見た中で一番雰囲気の軽やかさはありました。ただ、それでも社会を鋭利に切り取るノリは同じで、仕事をめぐって文字通り駆けずり回る主人公の姿は一種の労働社会での誰にでも当てはまるものです。その描写は容赦なく、明るそうに見える映像でも中身はどす黒いものがこもっています。でもやっぱり最後の会社での8人に会うシーンは、社会とはこうあるべしみたいなひとつの提示を表すものだとも思います。
OPENLOAD (2016年1月17日) star_5
療養後の主人公の復職か、ボーナスか、16人の同僚の投票で失業が決まるというのは本当にありうるのかはわかりませんが、ひとつのシニカルな風刺なのでしょう。こういう選択による犠牲というのは私たちの身近にもあって、例えば、野菜の値段が安いのは消費者は嬉しいですが、生産者は苦しいです。どっちの得をとるか、常に選択がなされています。結局、ベストな答えなんて言う都合のいいものはないにせよ、ベターを模索し続けるのでしょう。
SPACEMOV (2016年1月18日) star_5
登場人物も観客もみんなハッピーな大団円ラストという訳ではない。そこにわかりやすい解決策もない。でも希望はうっすらと感じる。そこがこの映画の良さだ。「自分のためにボーナスをあきらめてほしい」と同僚に頼むなんて、なんて辛い状況なのかと心中思うと辛すぎるが、それでもそうしなければ自分の未来もない。ダルデンヌ兄弟はこのような理不尽な選択を迫る社会のやり方を独自のスタイルで描く手段は、非常に心地よくクセになる。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする