薔薇色のブー子

指原莉乃主演のコメディ

原題:薔薇色のブー子
製作:日本(2014年)
日本公開日:2014年5月30日
上映時間:93分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
「HKT48」の指原莉乃が主演を務めたコメディ。指原主演の「ミューズの鏡」も手がけた福田雄一監督が再びメガホンをとり、自分を変えようと立ち上がった女子大生が、さまざまなハプニングや不幸に見舞われる姿を描く。何かにつけ文句ばかりで、「ブー子」というあだ名で呼ばれる大学生の幸子は、いつか少女漫画のような出会いがあると信じている。そんなある日、趣味がぴったりでジョニー・デップに似ているという男、スパロウさんとTwitter上で知り合った幸子は、スパロウさんに会うため外出するが、何十匹もの黒猫に遭遇したり、落とし穴にはまったりと、散々な目に遭ってばかりで…。

★【スタッフ】
監督:福田雄一
脚本:福田雄一
撮影:吉沢和晃、吉田淳志
音楽:瀬川英史

★【キャスト】
指原莉乃、ユースケ・サンタマリア、ムロツヨシ、鈴木福、田口トモロヲ、三浦理恵子、片桐はいり

【無料動画】

映画『薔薇色のブー子』予告編

映画『薔薇色のブー子』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【インタビュー】
・指原莉乃「多分、相性がいいですよ。わたしと福田監督(笑)。NGがなかったというか、福田作品の場合、他ではNGになるものでもOKになっちゃっている気はしますけど(笑)」

★【感想・批評】

●映画FUN (2016年8月10日) 
さっしーファンじゃなくても楽しめました。シュールな笑いが苦手な人は合わないかも。間合い等福田作品の典型的な作り方なのでそれが嫌だという人は観ない方がいいです。でもそれほど気にすることじゃないと思いますが。ラストは少しホロリとさせてくれたりと、物語も入り込めるし、大満足。何にも考えずに観ることができます。「単なるアイドル映画ではなくてメッセージ性もあるちゃんとした映画だ」と思えればじゅうぶん元が取れるでしょう。
●STREAMANGO (2016年8月12日) 
この映画の登場人物の殆どがなにかしらの不幸を抱えていることは想像に難くない。その不幸のアンサンブルこそが、この映画の魅力であり、われわれ観客が補完してみて楽しめる場所ではないかと思う。おそらく客観的に見て、ブー子よりも不幸な人間はこの中に何人もいるだろう。しかし、不幸か幸福かはその個人によって感じ方も違ってくるし、金持ちの不幸も貧乏人の苦労も一般人の空虚さもそれぞれに重さは同じ。
●VUDU (2018年2月13日) 
AKB48総選挙で1位をとったご褒美に、指原莉乃を主演にした映画を作る事になったように記憶してますが、本当にこれがプレゼントになっているのかは不明ですね。だって内容が内容ですから。ギャグとしての質もお察しなレベル。観た当初は何度もこの映画に泣かされる場面があって、大丈夫かと思ったものです。この映画の登場人物たちの幸福を願わずにはいられないとさえ思ったほど。それが今や主演も監督も躍進してしまって…。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)