RWBY Volume1

動画『RWBY Volume1』を無料視聴

原題:RWBY Volume1
製作:アメリカ(2013年)
日本公開日:2015年11月14日
上映時間:120分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
主要スタッフの多くが日本アニメの愛好家というアメリカのアニメーションスタジオ「Rooster Teeth Productions」が手がけたオリジナルの3DCGアニメ。2013年からスタジオ公式サイトやYouTubeでWEB配信されたChapter1~10までの第1シーズン全10話をまとめたVolume1が劇場で公開、さらにDVD・BDでも発売。日本語吹き替えキャストは早見沙織、日笠陽子、嶋村侑、小清水亜美ら人気声優がそろう。科学技術と魔法が同居する世界レムナントを舞台に、「グリム」と呼ばれるモンスターを討伐するハンターになるため、ハンター養成学校「ビーコン・アカデミー」に入学した少女ルビー・ローズが、仲間たちとともに成長していく姿を描く。

★【スタッフ】
監督:モンティ・オウム
脚本:マイルズ・ルナ、モンティ・オウム、ケリー・ショウクロス
音楽:ジェフ・ウィリアムズ

★【キャスト(キャラクター)】
早見沙織(ルビー・ローズ)、日笠陽子(ワイス・シュニー)、嶋村侑(ブレイク・ベラドンナ)、小清水亜美(ヤン・シャオロン)、下野紘(ジョーン・アーク)、洲崎綾(ノーラ・ヴァルキリー)、豊口めぐみ(ピュラ・ニコス)、斉藤壮馬(ライ・レン)、井上和彦(オズピン)、浅野真澄(グリンダ・グッドウィッチ)、木村昴(カーディン・ウィンチェスター)、前野智昭(サン・ウーコン)、潘めぐみ(ペニー)、三木眞一郎(ローマン・トーチウィック)、甲斐田裕子(シンダー・フォール)

★【インタビュー】
RWBY公式ウェブサイト

【無料動画】

【12/9(水)Blu-ray&DVD発売】RWBY Volume1 C88 Japanese dub Trailer (日本語吹き替え版)

【12/9(水)Blu-ray&DVD発売】RWBY Volume1 C88 Japanese dub Trailer (日本語吹き替え版)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
【公式Youtube英語版:第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2015年12月10日) 
アメリカ人が日本的アニメを作ったらどんな化学反応がとゴシップ的な興味本意で鑑賞。これがまた、ちゃんとアニメとして面白い上に、日本人には描けないフレッシュさを兼ね備えた良作だったという嬉しい誤算。普通にめっちゃ面白い。キャラの見た目や、世界観設定さ日本のラノベアニメそのもの。でも台詞回しや、ストーリーはアメリカ青春映画のそれ。この二つが違和感ではなく、普通にマリアージュしてるのがすごい。ちゃんと萌えれるのに、描かれるのは、マイノリティへの弾圧とか、スクールカーストとかアメリカ映画のそれ。これが、本当にフレッシュな感覚でした。アクション面の斬新なアイデアも素晴らしい。複数人物が入り乱れて戦っているうちに、やがてチーム単位に纏まっていく前半山場の戦闘シーンは5億点あげたい。
名無しさん(2015年12月13日) 
面白かったですな。日本「風」のアニメを作りました!という感じ。色々ツッコミどころはあるのですが、両方の良さがでている作品でした。特にアクションシーンなんかは向こうの勢い?みたいなノリでかっこよかった。キャラクターたちが本当に個性豊かで魅力的です。必ずあなたの好きなキャラクターが見つかると思います。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)