八日目の蝉

優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした

原題:八日目の蝉
製作:日本(2011年)
日本公開日:2011年4月29日
上映時間:147分
製作会社:「八日目の蝉」製作委員会
配給:松竹
製作費:
興行収入:12.4億円

直木賞作家・角田光代の原作小説を、井上真央と永作博美の主演で映画化し、誘拐犯の女と誘拐された少女との逃亡劇とその後の二人の運命を描いたヒューマンサスペンス。1985年、自らが母親になれない絶望から、希和子は不倫相手の子を誘拐してわが子として育てる。4歳になり初めて実の両親の元に戻った恵理菜は、育ての母が誘拐犯であったと知り、心を閉ざしたまま成長する。やがて21歳になった恵理菜は妊娠するが、その相手もまた家庭を持つ男だった…。

★【スタッフ】
監督:成島出
脚本:奥寺佐渡子
撮影:藤澤順一
音楽:安川午朗

★【キャスト】
井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司

【無料動画】

映画 『八日目の蝉』 予告編

映画 『八日目の蝉』 予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2012年1月13日) 
冷静に冷静に、事件のことなどを考えれば喜びに溢れるエンディングになるはずの作品だ。しかし起こってしまった事件は消せるわけではなく、受け入れるしかない。そこからくるラストの叫びは至極真っ当で観るものの心を震わせ泣ける。本当に泣けるポイントはもう少し前にあるのだけれど、ラストもやっぱり泣けるよね。全ての理由は、誘拐犯永作の一生懸命さにある。なにも知らずに途中から見たら、母と娘の単なる苦労物語だ。だから本物の母の叫びになる。そして娘の出せなかった叫びへと繋がる。自分は愛されていると。突き刺さる映画でした。
OPENLOAD (2012年3月27日) 
歌をおねだりするシーンで、子役の子が母親に謝るシーンがあって、あそこで胸が痛みました。そしてラストのフェリー乗り場でのやりとりと逮捕のシーン、そして写真館でのシーンで涙涙でした。最初から最後まで集中してみる事が出来る物語の展開と違和感を感じる部分が無くて、いい映画だなっと思いました。犯人や被害者どちらか一方的に同情する映画でもなく、「子育ての尊さ」と「愛」を特殊な背景から描いた作品で、素晴らしいとしか言いようがない名作です。”八日生きると他の蝉は死んでいて孤独だけど、一日長生きする分、他の蝉が体感しなかった素敵な物を目にすることができる蠅”と井上真央演じる恵理菜に投影させるアイデアセンスのが秀逸です。
BILIBILI (2012年5月23日) 
原作者の角田光代さんが好きで、小説から入りました。どうしても加害者に感情移入してしまい、逃げて逃げて逃げ切って、本当の母娘になってほしくてたまらなかった。小説では、その後もあり、被害者女性の成長もまた堪能出来るのでぜひこちらも拝見してほしいです。小説を読めばさらに理解できますが、野々宮希和子はサイコパスなんじゃなくて普通の人。むしろ被害者。たった一度の気の迷いで間違ったことをしてしまった普通の人の話なのです。