エンディングノート

終活に大忙しです

ガンの宣告を受けた一家の父が自らの人生を総括し、家族へあてた“エンディングノート”を残すまでの姿を軽妙なタッチでつづったドキュメンタリー。2009年、何事も「段取りが命」をモットーに高度経済成長期を支えてきた熱血営業マンの砂田知昭は、67歳で会社を退職。第二の人生を歩み始める。しかし、その矢先に重度の胃ガンが発見され、自身に「自らの死の段取り」を課すことになる。

原題:エンディングノート / 製作:日本(2011年) / 日本公開日:2011年10月1日 / 上映時間:89分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:砂田麻美
撮影:砂田麻美
音楽:ハナレグミ

★【キャスト】
砂田知昭

【無料動画】

映画『エンディングノート』予告編

映画『エンディングノート』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2011年11月1日) 
人に魅せられるような作品として、強烈な個性や歪さ、圧倒的な美が欠如しているにも関わらず、観ていて面白いと思える希有なドキュメンタリー作品。映画鑑賞後に砂田監督の対談を聞いていて、容姿やナレーションの声、作品のポップさからは想像も出来ない徹底的に考え抜く異常なまでのプロフェッショナリズムを感じた。自分に描くべきものがないことに強いコンプレックスや焦燥感を感じたことが原動力となり、生まれた希有な映画監督ではないだろうか。強烈な個性や歪さが欠如しているクリエーターの執念で、どんな作品が生まれるのか今後も期待せずにはいられない。
名無しさん(2011年11月13日) 
人の死を笑っちゃいけない。でもこの映画では笑ってしまう。お父さんがユーモアのある人だからっていうのもあるけど、人の死を描いた映像を見てこんなに清々しい気持ちになったのは初めて。「終活をきちんとやったので、いい最期となりました」という感動的な話になっており、「終活の重要性をアピールする」という意義がある点で評価できる。認知症になっても患者を待ち続ける亡き祖父の映像など、ワンシーンでしかないのに、しっかりと映画の中で生きている。