ティンカー・ベルと月の石

動画『ティンカー・ベルと月の石』を無料視聴

ティンカー・ベルと月の石

原題:Tinker Bell and the Lost Treasure
製作:アメリカ(2009年)
日本公開日:2009年12月23日
上映時間:81分
製作会社:
配給:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
ディズニーの名作アニメ「ピーター・パン」に登場する妖精ティンカー・ベルの活躍を描くCGアニメの第2弾。もの作りの妖精であるティンカー・ベルは、ピクシーホロウに伝わる宝物「月の石」を納めるための「聖なる杖」を作るという重要な仕事を任される。ところが「月の石」から突然魔力が失われてしまったことから、ネバーランドは滅亡の危機に。そこでティンカー・ベルは、願いを叶えてくれる鏡が眠るという海賊の難破船を目指して旅に出る。

【スタッフ】
監督:クレイ・ホール
脚本:クレイ・ホール、エバン・スピリオトポウロス
音楽:ジョエル・マクニーリイ

【キャスト】
メイ・ホイットマン、ジェシー・マッカートニー、アンジェリカ・ヒューストン、ジェーン・ホロックス

【動画】


▼動画リンク▼

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
TSUTAYATV


▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

名無しさん(2016年2月3日) star_5
ディズニーのティンカー・ベルを主題にした第二弾。前作は、春の準備の物語でしたが、今回は秋がはじまる時期の物語となっています。前作よりも好きかも。映像綺麗だし、妖精たちは勿論動物たちも含めてみんな可愛いし、お話も綺麗にまとまってて面白かったです。前作でティンクの自己中っぷりには慣れたので、こちらは落ち着いて動じることもなく観ることができました。前作が微妙だなと感じた人は、是非二作目の今作まで見て欲しいです!
シアターさん(2016年2月11日) star_5
ティンカーベルを主役にしているだけあって、このキャラクターを使っていかに最高のドラマを作るか製作陣は考えに考えを練っていることがよくわかる。感情的になりやすいティンクがすれ違いを経て、友情の大切さと自分の不甲斐なさに気づく。これ以上ない理想の物語だろう。喋るティンクや優しすぎるティンクに違和感を感じるかもしれないが、そうした設定の思い切りもチャレンジ精神があってよい。ディズニーらしいユーモアもちゃんとあって、ティンカーベルがテレンスにイライラする描写が面白い。