魔法少女まどか☆マギカ 後編 永遠の物語

動画『魔法少女まどか☆マギカ 後編 永遠の物語』を無料視聴

無垢な少女が新たな未来を切り開く

原題:劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 後編 永遠の物語
製作:日本(2012年)
日本公開日:2012年10月13日
上映時間:111分
製作会社:シャフト
配給:アニプレックス
製作費:
興行収入:5.6億円
前作:『魔法少女まどか☆マギカ 前編 始まりの物語
次作:『魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語

★【あらすじ】
2011年に放送されて大きな話題を作り出し、第16回アニメーション神戸賞作品賞・テレビ部門、東京国際アニメフェア2012・第11回東京アニメアワード、第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞など、数々の賞を独占したTVアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」を再構成した劇場版2部作の後編。どんな願いでも1つだけ叶えることができるかわりに、魔法少女として戦う道を選んだ5人の少女がたどる過酷な運命を描いたダークファンタジー。思いを寄せる恭介のため魔法少女になったさやかだったが、魔法少女の真実を知って絶望に飲まれていき、ついに魔女へと変貌してしまう。まどかは、さやかを救おうとする杏子の提案に乗るが…。

★【スタッフ】
総監督:新房昭之
監督:宮本幸裕
脚本:虚淵玄
音楽:梶浦由記
オープニングテーマ・挿入歌:ClariS
挿入歌・エンディングテーマ:Kalafina

★【キャスト】
悠木碧、斎藤千和、喜多村英梨、水橋かおり、野中藍、加藤英美里、新谷良子、後藤邑子、岩永哲哉、岩男潤子、吉田聖子、松岡禎丞、松本大、梅津秀行、仲村水希、大久保瑠美、松嵜麗、佐倉綾音

【無料動画】

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 予告第2弾

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 予告第2弾


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月12日) 
サリーちゃんから始まる全ての魔法少女へのアンチテーゼの物語。日本がこれまで積み上げてきたこのジャンルのひとつのピークがこの作品であろう。これ以前はシリアスなアニメは売れないとされてきたが、以降はシリアス路線の作品が一気に増えたのもその影響力の高さを物語っている。また、普段このタイプのいわゆる萌え作品を見ない一般層にも波及したのも他にはない凄さだった。あらゆる意味で歴史に残る稀有な名作だったのは誰も否定できない。
BILIBILI (2016年1月15日) 
劇場版にする意味は大いにあった一作だ。脇役ポジションの物語が端折られた分、TV版より主人公の苦悩により集中できるつくりになっている。TV版にあった毎話ごとの「次はどうなるんだ」というドキドキも良かったのだが、あれは当時リアルタイムでアニメを見ていた人だけの醍醐味だった。きっとこの劇場版が今後も末永く愛されていけばいいし、そこからオリジナルのアニメを見る人が増えればいいだろう。まだ見ていない人が羨ましいくらいだ。
CRUNCHYROLL (2016年1月18日) 
絵柄やタイトルのせいで初視聴のハードルはかなり高いですが、これを観ないのはもったいない。つくづく表面的な印象で作品を判断するのは良くないなと思います。ここまでセカイ系を地で行く突飛でハチャメチャなお話を、納得する形の完成度でまとめて提供してくれる、凄まじいパワーをもった傑作です。神格化されているだけあります。圧巻の作品です。調べたらちゃんと海外の映画サイトでも評価されていて、国を超えた良作なんだなと実感です。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)