ONE PIECE FILM Z/ワンピース フィルム ゼット

動画『ONE PIECE FILM Z』を無料視聴

ついに新世界へ突入!

原題:ONE PIECE FILM Z
製作:日本(2012年)
日本公開日:2012年12月15日
上映時間:107分
製作会社:
配給:東映
製作費:
興行収入:68.7億円

★【あらすじ】
人気アニメ「ONE PIECE」のオリジナル劇場版。興行収入48億円の大ヒットを記録した「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」(2009)以来3年ぶりに原作者の尾田栄一郎が自らプロデューサーを務め、劇場版では初めて「新世界編」の物語を描く。全海賊の抹殺こそが正義だと信じる元海軍大将ゼットが、古代兵器に匹敵するといわれるエネルギー・ダイナ岩を強奪する。ルフィたち麦わら一味は、海軍との激闘で傷ついたゼットを偶然助けるが、海賊を憎むゼットに打ちのめされ、ルフィの大切な麦わら帽子を奪われてしまう。

★【スタッフ】
監督:長峯達也
脚本:鈴木おさむ
音楽:田中公平、浜口史郎
主題歌:アブリル・ラビーン

★【キャスト(キャラクター)】
田中真弓(モンキー・D・ルフィ)、中井和哉(ロロノア・ゾロ)、岡村明美(ナミ)、山口勝平(ウソップ)、平田広明(サンジ)、大谷育江(トニートニー・チョッパー)、山口由里子(ニコ・ロビン)、矢尾一樹(フランキー)、チョー(ブルック)、子安武人(クザン/青雉)、石塚運昇(ボルサリーノ/黄猿)、立木文彦(サカズキ/赤犬)、中博史(モンキー・D・ガープ)、石森達幸(センゴク)、松島みのり(つる)、土井美加(コビー)、永野広一(ヘルメッポ)、髙木俊(キビン)、大塚芳忠(ゼット)

【無料動画】

映画『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』予告編

映画『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2016年1月12日) 
今回の敵は、“Z”こと黒腕のゼファー。かつての海軍大将! ある事件をきっかけに海軍を辞めて独自の組織“ネオ海軍”を作り、どんどん海賊を圧倒的な力で潰しまくる。多分ワンピース至上最高に渋くてかっこいい敵でした! 生き様がまさに男! 信念に従って生き、きっちり筋を通す…惚れ惚れしますね。オリジナルストーリーなのですがそれを本編の魅力を底上げしているかのような作りになっていて引き込まれました。やはり敵の魅力は大事ですよね。
BILIBILI (2016年1月15日) 
まずオープニングに惹かれます。見る度にいいなって思ってしまう! 今回は海軍大将の見所満載で、バトルシーンもかなり多め。黄猿とZのバトルシーンも最高ですね。元海軍大将というだけあって俄然ファンも興味を惹かれますよ。最後の最後でゼットの称号の真の意味が明かされるのもいい。そして今回のルフィは海賊のヒーロー性をきっぱりと否定して、世界を守るためじゃなくて自分と仲間のために戦ってるスタンスを明確に示してるのが最高。
CRUNCHYROLL (2016年1月17日) 
今までワンパターンがお決まりになりつつあったのを、ここでガラッと変えてきたのが好印象。海軍のキャラクターをここまで原作に添う形で突き詰めて描くことができるのはファンも嬉しいところ。今後の展開に繋がるであろう伏線もファンには嬉しいサプライズでした。戦闘シーンの演出については過去作のどれよりも素晴らしいと思います。今回での悪党の最期は普段のワンピースがやらない次元のそれであり、ちょっと胸に来た。これは泣くよね。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)