シンデレラ(2015)

名作アニメを美麗な映像で実写映画化

原題:Cinderella
製作:アメリカ(2015年)
日本公開日:2015年4月25日
上映時間:105分
製作会社:Walt Disney Pictures
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
製作費:9500万ドル
興行収入:5億4300万ドル

★【評価】
Rotten Tomatoes 84%

★【あらすじ】
ディズニーのクラシック・アニメーションの名作としても知られる「シンデレラ」を、ディズニーが新たに実写映画化。母を病気で、父を事故で失ったエラは、父の後妻である継母とその連れ子のドリゼラとアナスタシアに「灰まみれのエラ」を意味する「シンデレラ」と呼ばれ、召使いのように扱われていた。ある日、耐えきれずに家を飛び出したエラは、森の中で城で働いているという青年キットと出会い、心を通わせる。王子である身分を隠していたキットは、城に帰ると父である国王から政略結婚を勧められるが、森で出会ったエラが忘れられず、彼女を探し出すため国中の未婚女性を招いた舞踏会を計画する。

★【スタッフ】
監督:ケネス・ブラナー
脚本:クリス・ワイツ
撮影:ハリス・ザンバーラウコス
音楽:パトリック・ドイル

★【キャスト】
リリー・ジェームズ、ケイト・ブランシェット、ヘレナ・ボナム・カーター、リチャード・マッデン、ソフィー・マクシェラ、ホリデイ・グレインジャー、ステラン・スカルスガルド、ホリデイ・グレインジャー、デレク・ジャコビ、ベン・チャップリン、ヘイリー・アトウェル

【無料動画】

映画『シンデレラ』予告編

映画『シンデレラ』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
【U-NEXT×】
【dTV×】
【Hulu×】
TSUTAYATV
【au-Video×】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月4日) 
誰もが知ってるシンデレラを忠実に実写化していて、知っているあのシーンやあの舞台が綺麗に再現されていて感動しっぱなし。原作アニメの「シンデレラ」を知らない人がいるかはわかりませんが、たいていの人は知っていると思うので、懐かしい気持ちに浸れるのじゃないでしょうか。ただの実写化というだけでなく継母のバックグラウンドが解説されたりと少しキャラを掘り下げる描写もあって、新しい発見もあるのでアニメとは違う楽しみもあります。
OPENLOAD (2016年1月5日) 
この映画がなによりも優れているのは、彼女の名がエラだと語られていたこと。彼女が両親から大切に愛されていたのが語られていたこと。これに尽きると思います。これらのおかげで彼女に共感したり、感情で寄り添えたりすることが助けられます。代表的で有名な2曲をストーリーに入れるのではなく、クレジットで流したのも秀逸ですよね。全体的にスマートな映像化で、余計な味付けをせず、堂々としているのが魅力につながっていると思います。
STREAMIN (2016年1月7日) 
ディズニーを代表するプリンセスであるシンデレラにふさわしい出来栄えになっていました。何よりもヒロインを演じたリリー・ジェームズが凄く綺麗。目を奪われるほどの美しさとはこのことです。印象的なCGなしのダンスのフルシーンや、こちらはVFXを駆使した魅惑的な変身シーンは見事。そしてドキドキするのが、やはり王子様がシンデレラに靴を履かせるシーンです。そこでくるかというサプライズになっているのでお楽しみに。新たな名作です。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)