太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男

動画『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』を無料視聴

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男

原題:太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男
製作:日本(2011年)
日本公開日:2011年2月11日
上映時間:128分
製作会社:
配給:東宝
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
 Taiheiyou no kiseki: Fokkusu to yobareta otoko
(2011) on IMDb
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
太平洋戦争末期のサイパン島で、たった47人の兵を率いて4万5000人ものアメリカ軍に立ち向かい、アメリカ兵から“フォックス”と呼ばれて恐れられた陸軍大尉の大場栄。その史実を題材にしたドン・ジョーンズの実録小説「タッポーチョ『敵ながら天晴』大場隊の勇戦512日」を原作に、絶望的な状況のなか最後まで生き抜いた日本兵たちの真実の物語を、竹野内豊主演で映画化した戦争ドラマ。

【スタッフ】
監督:平山秀幸
音楽:加古隆

【キャスト】
竹野内豊、唐沢寿明、井上真央、山田孝之、中嶋朋子

【動画】

映画を見る】【動画を見る

Douga1【airw.net(動画)
Douga2【toremaga(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV

【感想・批評】

名無しさん(2016年8月10日) star_5
誰の為に死ぬのか?何の為に死ぬのか?はたまた誰の為に生きるのか?何の為に生きるのか?それぞれの立場や考え方、そして迫りくる敵、追い込まれてなお貫く意志!本当に日本兵とは相手にしてみれば脅威だと思う。今はそんな貫く意志を持った日本人がいるのだろうか?時代が違うとはいえ、何かを貫く意志は見習うべきかとも思う。逆にいえば柔軟性が現代人の特徴かもしれない!古人の生きる哲学、ぶれない考え方を見習いたい。
名無しさん(2016年10月19日) star_5
今まで描かれた戦争映画とはちょっと趣が違う、映像や心理面でかなり淡々と進んでいく話である。泥臭い軍人映画を想像すると肩透かしになるが、これが実話のリアル、人間が思うことのリアル、誰が好き好んで大量虐殺などしたいと思うんだと今さらながら当たり前の人間性が前面に出された。この物語の原作はD・ジョーンズという元米国兵によって書かれ、「敵ながら天晴」な抵抗力をみせた大場大尉に敬意を示す内容となっている。
スポンサーリンク
にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ
FC2Rank

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
  • 配信数最大規模。国内ドラマやアニメも充実。
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
  • 映画見放題に加えて、CDやDVDが借り放題。30日間無料。
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
  • NTTドコモの安心サービス。月額500円という安さもお得。
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
  • 海外映画のラインナップはNo.1。ドラマも充実。2週間無料!
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 詳しくはサイト下部にある「お問い合わせ・免責・ガイドライン」を参照してください。
【動画の探し方・視聴方法】
  • サイト上部の検索フォームに見たい作品のタイトルもしくはキーワードを入力して検索。または、「五十音順で検索」から作品タイトルを探すか、「ジャンル・公開時期・製作国」で検索もできます。
  • 作品ページを見つけた場合、各ページの「動画リンク」をクリックして、作品の動画があるか確認します。
  • もし動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。