ウォルト・ディズニーの約束

「メアリーポピンズ」はこうして生まれた

原題:Saving Mr. Banks
製作:アメリカ(2013年)
日本公開日:2014年3月21日
上映時間:126分
製作会社:Walt Disney Pictures
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
製作費:3500万ドル
興行収入:1億1700万ドル

★【評価】
Rotten Tomatoes 79%

★【あらすじ】
米ウォルト・ディズニーが、自社の映画製作の裏側を初めて描いた作品で、1964年の名作ミュージカル映画「メリー・ポピンズ」の製作秘話をトム・ハンクス&エマ・トンプソン主演で映画化した。ウォルト・ディズニーは娘が愛読している児童文学「メリー・ポピンズ」の映画化を熱望し、原作者パメラ・トラバースに打診するが、トラバースは首を縦に振らない。やがてイギリスからハリウッドへやってきたトラバースは、映画の製作者たちが提案する脚本のアイデアをことごとく却下。なぜトラバースは「メリー・ポピンズ」を頑なに守ろうとするのか。その答えが、幼い頃の彼女と父親との関係にあると知ったディズニーは、映画化実現の最後のチャンスをかけ、トラバースにある約束をする。

★【スタッフ】
監督:ジョン・リー・ハンコック
脚本:ケリー・マーセル、スー・スミス
撮影:ジョン・シュワルツマン
音楽:トーマス・ニューマン

★【キャスト】
トム・ハンクス、エマ・トンプソン、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウィットフォード、メラニー・パクソン、ルース・ウィルソン、アニー・ローズ・バックリー

【無料動画】

映画『ウォルト・ディズニーの約束』予告編

映画『ウォルト・ディズニーの約束』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月3日) 
メリーポピンズ製作の裏に父子の物語があった。20年越しに作者を口説いたディズニーの熱意に拍手。登場人物の父のエピソードがどれも印象深く、それを踏まえてメリーポピンズの完成を見たらいろいろ込み上げてくるものが。もう一度あの作品を見たくなります。本当に周りが言うように嫌な頑固な人だと思っていたし、最後までそれが抜けなかったのだけれど彼女も彼女でそれなりの理由があったのですよね。事実はフィクションよりも面白いです。
映画フリー (2016年1月14日) 
原題は「Saving Mr. Banks」(バンクス氏を救え)。メリー・ポピンズが働く家の主人のことで、主人公の原作者の思いが伝わる実に感動的なタイトル。その真意は見てのお楽しみで、非常に分かりやすい描き方で誰でも引き込まれると思います。ディズニー好きでなくていい、メリー・ポピンズに思い入れがなくてもかまわない。ひとりの人生ともうひとりの人生がぶつかり合う話だと思えばいいです。銀行が憎いのはきっと二人の共通点なんでしょう。
SPACEMOV (2016年4月5日) 
ウォルト・ディズニーが主役の映画かと思ってしまうかもしれませんが、違います。出てはきますけど。メリーポピンズを書いた人はさぞかし素敵な人なのだろうと思っていたら、出だしから辛口だし頑固すぎて、はじめはちょっと受け入れられなかった。でも辛い現実があるからこそ生まれた作品だと知って納得。ディズニーランドに行くシーンは自分まで一緒に行ったような感覚になりました。頑固者同士のバトルはそれだけで楽しかったし、満足。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)