ガッチャマン(実写映画)

タツノコプロ「科学忍者隊ガッチャマン」を実写化

原題:ガッチャマン
製作:日本(2013年)
日本公開日:2013年8月24日
上映時間:113分
製作会社:ジャンゴフィルム
配給:東宝
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
1972年にタツノコプロが生んだSFヒーローアクションアニメ「科学忍者隊ガッチャマン」を実写化。謎の侵略者により、わずか17日間で地球の半分が壊滅した21世紀初頭。人類は絶滅を回避するため、「石」と呼ばれる不思議な結晶体に望みを託す。「石」の力を引き出せる「適合者」として集められた若者たちは、特殊な訓練を強制され、やがて「石」を操る忍者「ガッチャマン」として侵略者との過酷な戦いに身を投じていく。松坂桃李、綾野剛、剛力彩芽、濱田龍臣、鈴木亮平が5人のガッチャマンに扮する。

★【スタッフ】
監督:佐藤東弥
脚本:渡辺雄介
撮影:蔦井孝洋
音楽:Nima Fakhrara

★【キャスト】
松坂桃李、綾野剛、剛力彩芽、濱田龍臣、鈴木亮平、新上博巳、川本耕史、菜葉菜、奥井長門、大元喜翔、石井心愛、岩田遥、吉田翔、古味来夢、初音映莉子、光石研

【無料動画】

映画『ガッチャマン』予告編

映画『ガッチャマン』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【Gyao】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼Hulu(2週間無料お試し)
人気の日本や海外のドラマシリーズも豊富に充実! PC・スマートフォン・タブレット・テレビどの端末からでもウォッチ。
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
映画配信サービス比較 Hulu
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●映画の無料動画で夢心地(2016年1月8日) 
人間が次々に殺されていく近未来。謎の石に反応する人間は、殺戮を繰り返すギャラクターたちを倒し、人間を守るべく、特殊な訓練を受けさせられ、ガッチャマンと呼ばれる。彼らは戦いのエキスパートなのだ。しかし、そんなガッチャマンもただの人間であることに変わりない。普通に弱音も吐くし、仕事にグチも言うし、恋愛に現を抜かすこともある。最大の問題はもう少し人間的にまともな奴をガッチャマンに選べなかったのかということだ。
●映画FUN (2016年4月4日) 
日本がアメコミ映画のヒットを受けて、俺たちだってヒーロー映画も作れると信じて挑んた結果生まれた存在。それがこの映画「ガッチャマン」です。結果、どうなったのかというと若い人はあまり見に来なかったとか。それもそうです。タツノコプロ作品を若年層が好んで見るはずもありません。これの失敗から反省したのか、以降は少年ジャンプなど、ちゃんと今流行りの漫画を映画化しようと動き出しました。そういう意味では意義のある映画でした。
●BILIBILI (2016年4月18日) 
キャタローラーが東京の街を壊して行くシーンもワクワクしたし、タートルキングが舌を出してベロリと言うシーンとか、CGは頑張っている。問題は世界観のリアリティ。ギャラクターは17日で地球の半分を占領したらしいのだが舞台はその13年後。13年間何をしていたのかは不明だが、きっと準備に手間取ったのだろう。そのせいで人々の意識に平和ボケが芽生え、地球がピンチなのに内輪揉めをするほどまで劣化。実はこれも敵の作戦だった…らいいな。
●PARAVI (2016年6月13日) 
おそらく日本の製作陣はアメコミ映画を参考にしてこの映画を作ったのでしょう。ただ参照にしたのは推測するに「ダークナイト」だったのではないでしょうか。それは一番お手本にしてはダメなやつでしょう。世界観からして違いすぎるわけですから。駄作駄作と馬鹿にされる本作ですが、全てがクソというほどではないのがまた厄介で、一応なりの努力がうかがえるシーンもあります。それが余計に痛々しいことになってしまう原因にもなっているのですが。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)