そこのみにて光輝く

愛を捨てた男と、愛を諦めた女

原題:そこのみにて光輝く
製作:日本(2014年)
日本公開日:2014年4月19日
上映時間:120分
製作会社:
配給:東京テアトル
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
芥川賞候補に幾度も名を連ねながら受賞がかなわず、41歳で自ら命を絶った不遇の作家・佐藤泰志の唯一の長編小説を、綾野剛と池脇千鶴の共演で映画化。『オカンの嫁入り』の呉美保監督がメガホンをとり、愛を捨てた男と愛を諦めた女の出会いを描く。仕事を辞めブラブラと過ごしていた佐藤達夫は、態度は粗暴だが性格は人懐こい青年・大城拓児とパチンコ屋で偶然に知り合う。ついて来るよう案内された先には、取り残されたように存在する一軒のバラックで、寝たきりの父、その世話に追われる母、水商売で一家を支える千夏がいた。世間からさげすまれたその場所で、ひとり光輝く千夏に達夫はしだいにひかれていく。しかしそんな時、ある事件が彼らの人生を揺れ動かす…。

★【スタッフ】
監督:呉美保
脚本:高田亮
撮影:近藤龍人
音楽:田中拓人

★【キャスト(キャラクター)】
綾野剛(佐藤達夫)、池脇千鶴(大城千夏)、菅田将暉(大城拓児)、高橋和也(中島)、火野正平(松本)、伊佐山ひろ子(大城かずこ)、田村泰二郎(大城泰治)

【無料動画】

映画『そこのみにて光輝く』予告編

映画『そこのみにて光輝く』予告編

(C)2014 佐藤泰志/「そこのみにて光輝く」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【Gyao】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【受賞】
第6回TAMA映画賞で最優秀女優賞(池脇千鶴)と最優秀新進男優賞(菅田将暉)を受賞。

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

映画FUN (2016年1月19日) 
登場人物がみんな深い闇を抱えていて、鬱になりそうな位の重厚な暗さを醸し出していました。そんな暗い生活で、どん底にいる者同士が出会うことで生まれた一筋の光。それは永遠には続かないかもしれない。それでもそこにすがりつくしかないのかな。役者の演技からも、緊迫や切なさ、不快感、やるせなさ、心が削られていく様子が、ひしひしと伝わってきて、辛くなった。何気ない動作から自然に物語を展開させていく監督の手腕が垣間見れます。
BILIBILI (2016年1月21日) 
名場面が多すぎて記憶の中に次々と埋まっていきます。お気に入りのシーンは終盤10分くらいでしょうか。青年が主人公の家に押しかけた時に主人公がひとしきり殴った後に優しく、また力強く背中をさするシーン。全てを悟ったように抱きしめる姿に人生が詰まっているようでジーンときました。あとはほんとに本当のラスト。青年の姉と主人公が海辺をとぼとぼと歩くシーン。どうしようもない現実の虚しさで未来を思って胸を打たれました。
OPENLOAD (2016年1月24日) 
こういう映画の良さを言語化するのは難しいが、ラスト数十秒から涙腺が緩み、タイトルが出た瞬間号泣した。函館の街で貧困層の暮らしを描く。生活の様子や身なりなど、細かい点にリアルが表れていて、役者の演技もそれを助ける。函館といえば観光地。華やかな場所はいくらでもある。しかし、この映画はそれらを一切映さない。国内だけでなく世界の映画賞を受賞している作品なだけあって、心を震わす素晴らしい一本。ぜひ見てほしい一作だ。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)