おみおくりの作法

奇跡的なラストシーンに感動する人、続出!

原題:Still Life
製作:イギリス・イタリア(2013年)
日本公開日:2015年1月24日
上映時間:91分
製作会社:Redwave Films
配給:ビターズ・エンド
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 63%

★【あらすじ】
孤独死した人を弔う仕事をする民生係の男が、故人の人生を紐解き、新たな人々との出会いから、生きることとは何かを見つめ直していく姿を描いたイギリス製ヒューマンドラマ。ロンドンに暮らすジョン・メイは、孤独死した人を弔う民生係として働いてきが、人員整理で解雇を言い渡され、自宅の真向かいに住むビリーの弔いが最後の案件になる。これまでも誠実に故人と向き合い、弔いをしてきたジョンだったが、最後の仕事にはいつも以上に熱心になり、故人を知る人を訪ね、葬儀に招く旅を経て、心の中に変化が生じていく。

★【スタッフ】
監督:ウベルト・パゾリーニ
脚本:ウィル・グラック、アライン・ブロッシュ・マッケンナ
撮影:マイケル・グレイディ
音楽:チャールズ・ストラウス

★【キャスト(キャラクター)】
エディ・マーサン(ジョン・メイ)、ジョアンヌ・フロガット(ケリー)、カレン・ドルーリー(メアリー)、アンドリュー・バカン(プラチェット氏)、キアラン・マッキンタイア(ジャンボ)、ニール・ディスーザ(シャクティ
)、ポール・アンダーソン(ホームレスの男)、ティム・ポッター(ホームレスの男)

【無料動画】

映画『おみおくりの作法』予告編

映画『おみおくりの作法』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼Hulu(2週間無料お試し)
人気の日本や海外のドラマシリーズも豊富に充実! PC・スマートフォン・タブレット・テレビどの端末からでもウォッチ。
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
映画配信サービス比較 Hulu
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年1月15日) 
引き取り手もない無縁仏の縁者を探し出す、特殊な仕事を公務員としてしている主人公。誰に感謝されるでもなく、几帳面に生真面目に職をこなしていく。そんな仕事ですら、効率化を求められるリストラの波がやってくる。純粋に誰かのためだけを思って一途に仕事をしてきた主人公にも出会いがやってくる。いかにもイギリス映画らしいウイットとペーソスに満ちている雰囲気が心地よい。ラストのシーンは最高の「ありがとう」ではないか。
OPENLOAD (2016年1月27日) 
第81回アカデミー賞外国語映画賞「おくりびと」の英国版ともういうべきこの映画、地味だが深く心を打つ名作でした。ジョン・メイみたいな人が沢山いるんでしょうか。死者に対する誠実で丁寧で全てにきめ細かい姿勢は感動的で、ジョン・メイはそうするなと言われても出来ない位丁寧に仕事をするわけで、その姿勢を実は正しく評価してくれている人はいたんだというラストは味があります。まさに「おくられ人」になって良かったですよね。
DAILYMOTION (2016年1月28日) 
死について見つめる映画というのはどうしても宗教観が出るが、この作品が多くの日本人にも好かれるのは日本的な価値観にもフィットするからだと思う。孤独死した人と縁があった人に話を聞いて人生を辿る行為は亡くなった人の色々な一面が見れて感慨深かった。ことさら孤独死というのは今の日本でも社会問題になっているほどですから、余計に身近なのでしょう。よく考えればハッピーエンドかもしれないが、ラストの寂しさは言いようがない。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)