エクス・マキナ

動画『エクス・マキナ』を無料視聴

美しくも恐ろしいアンドロイドに魅了される

原題:Ex Machina
製作:イギリス(2015年)
日本公開日:2016年6月11日
上映時間:108分
製作会社:フィルム4プロダクションズ、DNAフィルムズ
配給:ユニバーサル映画/パルコ
製作費:1500万ドル
興行収入:3680万ドル

★【評価】
92% Rotten Tomatoes
3.7 / 5.0 映画.com
3.77 / 5.00 Yahoo!映画
3.8 / 5.0 Filmarks

第88回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞。
第41回ロサンゼルス映画批評家協会賞で助演女優賞(アリシア・ヴィキャンデル)を受賞。

★【あらすじ】
『28日後…』『ザ・ビーチ』の脚本家アレックス・ガーランドが監督をつとめ、アリシア・ヴィキャンデル主演による、美しく強力なアンドロイドとの三角関係を描くSFサスペンス。グーグル社を連想させる巨大IT企業のコンピュター・プログラマーであるキャレブ・スミスは、才気あふれる同社CEOネイサン・ベイトマンが隠遁生活をする山荘で一週間を過ごす権利を勝ち獲る。しかし、それは会社が推進する人工知能の新ブランドの実験に過ぎなかった。その新ブランドA.I.というのが、女性型ロボット「AVA」であり、人間と同等なほどに洗練された感情的知性を持ち、息を呑むほど美しく誘惑的、そして彼ら二人の想像を超えるほど、人をあざむく知能に長けていた…。

★【スタッフ】
監督:アレックス・ガーランド(関連作品:『ジャッジ・ドレッド』、『わたしを離さないで』)
脚本:アレックス・ガーランド
撮影:ロブ・ハーディ
音楽:ベン・サリスベリー、ジェフ・バロウ

★【キャスト】
ドーナル・グリーソン、アリシア・ヴィキャンデル、オスカー・アイザック、コーリイ・ジョンソン、ソノヤ・ミズノ

【動画】

映画『エクス・マキナ』予告編

映画『エクス・マキナ』予告編

(C)Universal Pictures


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
9tsu】【Openload


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
[Q&A] お困りですか?
動画が停止する…画質が悪い…字幕や吹き替えがない…広告がウザい…リンクが切れる…。そんなときは VOD(動画配信サービス)がオススメ! 安心安全に映画をインターネットで視聴! しかもお試し期間の活用で無料です。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年7月1日) star_5
こんなSF、初めて観た。言語化不可能なビジュアル先行。謎めいた美女の無機質なコミュニケーションを体現するのはアリシア・ヴィキャンデル。つかみどころのない怪しい研究者にしてダンスを踊りまくるオスカー・アイザック。日本人としては妖艶で鋭利な肉体を披露するソノヤ・ミズノも目を離すことはできない。その最小限の登場人物が繰り広げるのは、AIという現在の私たちが未来に向き合わなくてはならない、実験的思考問題なのだ。
SPACEMOV (2016年7月4日) star_5
SF映画ファンにとってアレックス・ガーランドという人間の名前はもはや欠かすことのできない財産になった。それだけ素晴らしい作品を生み出したのだから当然だ。「エクス・マキナ」というダークホース枠がアカデミーでの支持を受けたことからも証明されるように、映画界のSFサポーターは断然この監督の才能を信頼している。一般受けしなくてもしっかりSFに向き合うだけの度量があとは映画配給界にあるのかだが…。色々厳しそうだ…。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする

フォローする(最新更新情報をチェック)