イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ

動画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』を無料視聴

アートの虚実を暴くシニカル・ドキュメンタリー

原題:Exit Through the Gift Shop
製作:アメリカ・イギリス(2010年)
日本公開日:2011年7月16日
上映時間:90分
製作会社:Paranoid Pictures
配給:アップリンク
製作費:
興行収入:

★【評価】
96% Rotten Tomatoes

第83回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞にノミネート。

★【あらすじ】
決して素顔を明かさないナゾの覆面グラフィティ・アーティスト、バンクシーの初監督作。ストリート・アートについてのドキュメンタリーを制作し始めたロサンゼルス在住のフランス人映像作家ティエリー・グエッタ。ティエリーは覆面アーティスト、バンクシーの存在にたどり着き、取材を始めるが、ティエリーに映像の才能がないことに気付いたバンクシーは、逆にティエリーのドキュメンタリーを自分が監督し始める。

★【スタッフ】
監督:バンクシー
音楽:ジェフ・バーロウ、ロニ・サイズ

★【キャスト】
ティエリー・グエッタ、スペース・インベーダー、シェパード・フェアリー、バンクシー

【無料動画】

映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』予告編

映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
宇多丸:ザ・シネマハスラー
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

映画フリー (2016年2月10日) 
事実は小説よりも奇なりというけれど、こんな奇想天外な実話があるだろうか。アートについてのドキュメンタリーを撮っていた男がだんだんとアートについて理解したような気になり、ついには俺がアートだ!と言わんばかりにデビューする。ところがどう考えてもそのアートはパクリ。業を煮やした最初の取材対象のアーティストが今度はドキュメンタリーを作り始める。なんだこれである。こんなうまい話があるかと思うが、あるのがアートの世界なのか。
OPENLOAD (2016年2月15日) 
この作品はアートに関わる人間なら必ず見ておいた方がいいです。絵画、文芸、音楽、そして映画、どの世界でも独自のルールの中で、クリエーターたちは自分の創作意欲のままに作品を生み出します。しかし、アートとは何か?という質問の答えは難しいもの。絶対にひとつにはできません。本作はその答えを意外な形でアートをわからない観客に示すのです。アートをここまで痛烈にシニカルに捉えられるのはバンクシーの才能あってこそなのでしょうか。
SPACEMOV (2016年2月16日) 
バンクシーを描く作品というか、中年の男、ティエリーの話ですね。こいつがまたとんだ野郎で…。後半なんてバンクシーも観客も唖然ですよ。中々日本ではネガティブな印象を持たれる壁のラクガキも、海外では芸術と捉えられています。それはまだ理解できます。しかし、ティエリー、お前はダメだ。ミスターブレインウォッシュという陳腐なネーミングでアート界へと進んでいく彼。本当にもう…。それにしてもバンクシーはどこまで狙っているのかな。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)