劇場版 零~ゼロ~

動画『劇場版 零~ゼロ~』を無料視聴

原題:劇場版 零~ゼロ~
製作:日本(2014年)
日本公開日:2014年9月26日
上映時間:104分
製作会社:
配給:KADOKAWA
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
シリーズ8作で累計130万本のセールスを記録した人気ホラーゲーム「零」の実写映画化。「多重人格探偵サイコ」「黒鷺死体宅配便」などで知られる大塚英志によるノベライズを映画化し、深夜0時に女の子だけにかかる呪いや、学園で起こる神隠しの真相に迫っていく2人の少女の姿を描く。閉塞感漂う山間の町にある学園寮に暮らす月守アヤは、「自分が死ぬ」という幻に襲われたショックで自室に引きこもってしまう。すると、学園内で生徒が次々と失踪し、水死体となって発見される事件が起こる。やがて亡くなった生徒たちが、生前にアヤそっくりの少女が写った写真を見ていたことが判明。アヤは、親友を失ったクラスメイトのミチとともに、事件の真相を追うが…。

★【スタッフ】
監督:安里麻里
脚本:安里麻里
撮影:月永雄太
音楽:林祐介

★【キャスト(キャラクター)】
中条あやみ(アヤ)、森川葵(ミチ)、小島藤子(リサ)、美山加恋(イツキ)、山谷花純(カスミ)、萩原みのり(ワカ)

【無料動画】

『劇場版 零~ゼロ~』予告編

『劇場版 零~ゼロ~』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2014年10月20日) 
もう最初から最後までほとんど毎シーン、「あ、これは『フェノミナ』のあのシーン、これは『サスペリア』のあのシーン」と特定できるほど、露骨なまでにダリオ・アルジェントのパクりです。人里離れた女子学校で「いじめ」の対象とされる美少女が実は事件解決の糸口になるというシナリオ。障害を持つ男の子が貯水槽に少女を静めるシーン。森の中を夢遊病のような状態で歩くシーン。『フェノミナ』そのものです。童謡に似た静かな旋律が不気味さをあおる演出は『サスペリア』シリーズそっくりです。しかしそれが、そんなに悪くない印象を残すのは、アルジェントと同じで、「恐怖」を単なる「恐怖」としてではなく、「美」として描くという感性を、安里麻里さんは、ある程度継承するのに成功しているからです。望むらくは、本当に心の底からぞっとするようなストーリーに、この美しさを具現したような作品を、監督にはこれから作ってほしいですね。
名無しさん(2014年10月20日) 
ホラー映画やホラーゲームの映画作品として見ると、まったく恐怖要素がないのでがっかりすると思いますが、零という作品の雰囲気としては結構いい線いってたと思います。色々なものが中途半端の矛盾だらけになってしまったSIRENや、クリーチャーなどの映像の出来はかなり評判がいいもののスプラッター路線に行ってしまったSILENT HILLよりは原作の雰囲気からブレてないかなーと感じました。原作の、女の子がベタベタしてるムービーとかが好きで、かなり矛盾だらけな儀式やら背景やらの設定に寛容でいられるような人なら十分見られると思います。ただ、原作のようなグロい幽霊や突然の大音量SEやビックリ演出は出てこないので、そういうのは期待しないで下さい。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)