毛皮のヴィーナス

動画『毛皮のヴィーナス』を無料視聴

鬼才ロマン・ポランスキー監督がマゾヒズムに挑む

原題:La Venus a la fourrure
製作:フランス・ポーランド(2013年)
日本公開日:2014年12月20日
上映時間:96分
製作会社:R.P. Productions
配給:ショウゲート
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 89%

★【あらすじ】
その名が「マゾヒズム」の語源にもなったことで知られる、19世紀オーストリアの小説家レオポルド・フォン・ザッヘル=マゾッホの自伝的小説「毛皮を着たヴィーナス」をもとにした戯曲を、「戦場のピアニスト」「おとなのけんか」の鬼才ロマン・ポランスキー監督が映画化。自信家で傲慢な演出家のトマは、オーディションに遅刻してきた無名の女優ワンダに押し切られ、渋々彼女の演技を見ることになる。がさつで厚かましく、知性の欠片も感じさせないワンダだったが、演技を始めてみると、役への理解もセリフも完璧だった。最初はワンダを見下していたトマも次第にひきつけられ、やがて2人の立場は逆転。トマはワンダに支配されることに酔いしれていく。

★【スタッフ】
監督:ロマン・ポランスキー
脚本:デビッド・アイビス、ロマン・ポランスキー
撮影:パベル・エデルマン
音楽:アレクサンドル・デプラ

★【キャスト】
エマニュエル・セニエ、マチュー・アマルリック

【無料動画】

『毛皮のヴィーナス』予告編

『毛皮のヴィーナス』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

映画の無料動画で夢心地(2016年1月12日) 
マゾヒズムの語源になったマゾッホの「毛皮を着たヴィーナス」の戯曲映画化で、登場人物は二人だけの会話劇。ポランスキー監督の妻エマニュエル・セニエのミステリアスな雰囲気がいい。この題材といい、センスといい、いかにもポランスキーの世界観にぴったりで、このために存在する原作みたいにすら感じる。プロになりきれない半端者の役者のように見せかけておいて、すごく知的で現代思想に精通している主人公が暴れていく過程が魅惑的だった。
STREAMIN (2016年1月13日) 
この作品は名作小説の舞台化における役者と演出家の立場の変化というメタ的なもので、見た目以上に奥深い。一般的な受けは難しいので、ポランスキーを代表する作品とは少し言い難いものではあるけど、予想以上の秀作になっていたと思う。後半にかけての畳み掛けるサディスティックがかなりゾクゾクするし、現代の男から見た女というのがいかに希望的観測であり、かつ現実を見ていないのかというのが浮き彫りになる仕掛けは相変わらずニクイ。
DAILYMOTION (2016年1月15日) 
ポランスキーの舞台劇の映画化というのは「死と乙女」「おとなのけんか」、舞台劇ではないが密室を扱った「袋小路」などがあって、限られた空間でもカメラの位置ひとつで映画以外の何物でもなくなる技巧と閉所恐怖症的な感覚を巧みなテクニックで見せてきたが、今作も毛色は違えどその潮流のひとつなんだろう。密室劇を最大限に生かし、光と影が力関係によりそい、女を官能的に描写していく。普通のサスペンスではない濃厚さを味わえました。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)