ハンティング・グラウンド

大学が闇に葬ったレイプ事件を暴き出す

ノースカロライナ大学で性的暴行の被害に遭った女性2人を追ったドキュメンタリー映画。米国内の大学がいかに性的暴行を隠蔽し、性的暴行の常習犯から学生達を守ろうとしていないかを暴露する衝撃的な内容となっている。サンダンス映画祭で初上映された後、アメリカではCNNでも放送された。自身もレイプ被害に遭ったことを告白したレディー・ガガがこの映画のために「Til It Happens To You」を作曲し、提供した。

原題:The Hunting Ground / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開日:2016年(Netflix配信) / 上映時間:130分 / 製作会社: / 配給: 

【無料動画】

THE HUNTING GROUND – Official Trailer

THE HUNTING GROUND - Official Trailer

Lady Gaga – Til It Happens To You

Lady Gaga - Til It Happens To You


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT×】
VOD4【Hulu×】
VOD5【TSUTAYATV×】
VOD6【Videomarket×】
VOD7【dTV×】
VOD8【au-Video×】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

日本ではイマイチ扱いの薄いドキュメンタリーですが、海外には優れた作品がたくさんあります。そんな中でもとくに秀逸な作品がたくさん見られるのが動画配信サービス。とくにその中でもNetflixはバラエティ豊かなドキュメンタリーが用意されています。その数は数えきれないほどで、種類も多種多様。社会的な問題から、趣味レベルのことまで、必ず自分好みのものが見つかります。このNetflixは数ある動画配信サービスのなかでもとくに親切で、勝手に料金を請求するようなこともせずに、基本的にはユーザーの利益を最優先で考えてくれます。また、動画再生の自由度も高く、字幕や吹き替えも自由に選べるほか、英語音声さえも選べるという、細かいところにも手が届く親切設計。これに慣れてしまうと、他のサービスに不満が出てきてしまうのが欠点でしょうか。

このNetflixは無料お試し期間が用意されています。なので、その気になれば作品を視聴して、解約することで、実質お金を1円も払わずに視聴することもできます。このテクニックはとく不正でもなく、通常の利用の範囲内です。もちろん解約もスムーズで、1分もかかりません。ご自由に無料動画感覚でお楽しみにいただけるでしょう。

『ハンティング・グラウンド』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:カービー・ディック
脚本:カービー・ディック

★【キャスト】
アンドレア・ピノ、アニー・クラーク、クレア・ポッター、メリンダ・マニング

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
7.4/10 93% 77
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
??/5.0 ???/5.00 ??/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【受賞】
第88回アカデミー賞で主題歌賞にノミネート。

★【感想・批評】

●映画フリー
学校は閉鎖された空間で、他の場所では許されないことが許されてしまうことがある。レイプ被害にあった女性が、勇気を出して声を出しても「加害者男性の未来のために」「証言だけでは証拠にならない」「あなたはお酒を飲んでいたの?どういう格好をしていたの?」といった声に潰される。カンニングで退学処分になるのに、性犯罪では1週間の停学だけの場合もある。大学は自らのイメージを守りたい。そこには、ダイレクトにお金が関わっている。
●映画の無料動画で夢心地 
インタビュー以外はほとんど過去の素材の繋ぎ合わせという最近のドキュメンタリーに多いあれで、そういうのは結論を誘導してる感が立ってしまうけど、性暴力という絶対的な悪を扱う内容なら効果的。重いテーマにも関わらず威風堂々に合わせて大学合格リアクション映像から始まって引き込んでからの怒涛の告発。見ているうちに嫌になってくる。こんな世界が平然と存在することのおぞましさ。それが怖いし、恐ろしいし、許せない。理不尽だ。
●DAILYMOTION  
大学という「企業」にとって「性犯罪」という問題はある意味、隠すべき不祥事なのだろう。大学で起こるレイプ事件は知人による犯行が多く証拠があっても合意の上と逃げられることが多かったり、大学は評判を気にして事件をもみ消したり、大学の基金に関わってる刑事がいて捜査に非協力的だったりと、どうしようもない事になってる。世の中、おかしい。常に被害者が批判されてしまう問題構造は日本でも見られるし、本当になんとかしなければ…。