唐山大地震

動画『唐山大地震』を無料視聴

唐山大地震

原題:唐山大地震 Aftershock
製作:中国(2010年)
日本公開日:2015年3月14日
上映時間:135分
製作会社:華誼兄弟
配給:松竹
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
Rotten Tomatoes ??%
IMDb ??/10

【作品紹介・あらすじ】
20世紀最大の震災といわれる1976年の唐山大地震を題材に、「女帝 エンペラー」のフォン・シャオガン監督が描いたヒューマンドラマ。1976年7月28日、中国河北省の唐山市でマグニチュード7.8の直下型地震が発生。崩壊した家の下敷きになった子ども2人のうち1人しか救えないという絶望的な状況に陥った母親は、苦悶の末に息子を選ぶ。そしてその声は、ガレキの下の娘の耳にも届いていた。奇跡的に命を取り留めた娘は、養父母のもとで成長するが……。日本では当初2011年3月26日に公開される予定でプロモーションも進められていたが、直前の3月11日に東日本大震災が発生。劇中に大地震の再現シーンなどが含まれることから、配給の松竹は公開を延期。4年後となる15年にあらためて公開を決めた。

【スタッフ】
監督:フォン・シャオガン
撮影:リュイ・ユエ

【キャスト】
シュイ・ファン、チャン・チンチュー、リー・チェン、チェン・ダオミン、チャン・グォチアン

【動画】

動画を見る】【映画を見る

Video1【youtube(字幕)
Video2【toremaga(動画)
Video3【U-NEXT
Video4【dTV
Video5【Hulu
Video6【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV

【感想・批評】

名無しさん(2015年5月16日) star_5
1976年に中国で起きた20世紀最大の震災と言われる唐山大地震。この震災によって離れ離れになった家族の32年を描いた感動作。日本では2011年3月に公開だったが、東日本大震災が起こり公開中止に。4年の歳月を経て、晴れて公開。4年前の公開中止はやむを得なかったと思う。冒頭の震災シーンは真に迫り、人が犠牲になる描写も。今でもストレスに感じる人は多いだろう。しかし、4年も待たなくてはならなかった事については疑問を感じる。何故なら、震災を特殊技術を駆使して描いた見世物映画ではなく、家族の絆を描いた人間ドラマなのだから。だからこそ、今、日本人は観るべきなのではないでしょうか。
名無しさん(2015年5月29日) star_5
日本人にとっては辛い鑑賞になるかもしれないが、心打たれる作品であるのは間違いないないし、なにより素直に素晴らしい作品です。偏に、実際にこんな大災害があったとしれて良かった。中国国内では催涙弾映画と言われているようだが、全くその通りで、見える限り周りの観客は全員泣いていた。中国映画をナメていたが、凄いのを作るのですね。以前より聞き及んでいた、エンタメやパニック映画ではなく、震災を真摯に描いた人間ドラマ作品に間違いなかった。観ることが出来て本当に良かった。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank

スポンサーリンク
[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

  • ※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。
  • 実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • ※劇場公開中の最新作は動画配信サービスでは基本は配信されていません。ただし、お得に劇場で見られるサービスはあります。詳しくはコチラ ⇒ 劇場公開中作品をお得に見る

  • U-NEXT
  • 配信数最大規模。国内ドラマやアニメも充実。
U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
  • 映画見放題に加えて、CDやDVDが借り放題。30日間無料。
TSUTAYA

  • dTV
  • NTTドコモの安心サービス。月額500円という安さもお得。
dTVdTV

  • Hulu
  • 海外映画のラインナップはNo.1。ドラマも充実。2週間無料!
Hulu