さよなら、人類

動画『さよなら、人類』を無料視聴

このシュールさにあなたは付いてこれるか

原題:En duva satt pa en gren och funderade pa tillvaron
製作:スウェーデン・ノルウェー・フランス・ドイツ(2014年)
日本公開日:2015年8月8日
上映時間:100分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 88%

第71回ベネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞を受賞。

★【あらすじ】
スウェーデンの奇才ロイ・アンダーソン監督が「散歩する惑星」「愛おしき隣人」に続く「リビング・トリロジー」3部作の最終章として4年の歳月をかけて完成させた不条理コメディ。面白グッズを売り歩く冴えないセールスマンのサムとヨナタンは、行く先々で様々な人生を目撃する。ワインを開けようとした男が心臓発作を起こして絶命するが、妻はそれに気がつかない。また、臨終寸前の老女は宝石が詰まったバッグを天国に持って行こうとして手放さない。一方、18世紀のスウェーデン国王率いる騎馬隊が、現代のバーに現われる。ブラックでシュールなエピソードの数々が、細部まで緻密に計算され尽くした絵画のような39シーンで語られる。

★【スタッフ】
監督:ロイ・アンダーソン
脚本:ロイ・アンダーソン
撮影:イストバン・ボルバス

★【キャスト】
ホルガー・アンダーソン、ニルス・ウェストブロム

【無料動画】

映画『さよなら、人類』予告編

映画『さよなら、人類』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月8日) 
シュールの極み、ここにあり!「散歩する惑星」、「愛おしき隣人」に続く3部作の最終章といっていいのかな。それぞれの話が、計算されたひとつの画面の中で繰り広げられるシュールなショートショート。変なグッズを売る怪しげな2人の男を軸としているが、全体的なストーリーの繋がりよりもそれぞれ1枚の絵に込められたブラックでシニカルな世界を楽しむ趣きと表現すべきでしょう。不器用な人間達、愚かな人類にも明日は来る。そんな世界です。
OPENLOAD (2016年2月3日) 
映画自体は40弱のシーンで構成されていて、どのシーンも新鮮な構図で次はどんなシーンかワクワクさせられました。さえない2人組の男が主人公だが、彼らを取り巻く状況に現代社会への皮肉が感じとれます。淡々とした中で突然、実験台にされて電気ビリビリ流されてる猿とかラッパの付いた筒状の機会の中に奴隷をいれて火炙りにしちゃったり、残酷シーンが出てくるからぎょっとする。これで金獅子賞なんだから、批評家もシュールだなぁと思ったり。
DAILYMOTION (2016年2月13日) 
ロイ・アンダーソン監督の「リビング・トリロジー」の完結編。2作目が戦争を示唆するラストだったのと今作の邦題とパッケージで「人類滅びて生き残ったおっさん2人のヘンな話なのかな…」と勝手に思い込んでたら、全く変わらずいつもの感じでした。なぜ、こうなった。こういうのは静止画で切り取ることに意味があるのはすでに学習済み。ツイてない人達の人生を俯瞰で眺めるシニカルでシュールなシリーズに病みつきになっている自分がいます。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)