黒崎くんの言いなりになんてならない

動画『黒崎くんの言いなりになんてならない』を無料視聴

ちょっと刺激的なエロキュン・ラブストーリー

原題:黒崎くんの言いなりになんてならない
製作:日本(2016年)
日本公開日:2016年2月27日
上映時間:93分
製作会社:日活
配給:ショウゲート
製作費:
興行収入:

★【評価】
映画.com 3.6 / 5.0
Yahoo!映画 2.78 / 5.00
Filmarks 3.1 / 5.0

★【あらすじ】
「別冊フレンド」連載の少女コミックを、人気アイドルグループ「Sexy Zone」の中島健人主演で実写映画化したラブストーリー。女子高生の由宇は、親の転勤によって学園寮に入ることに。女子たちの憧れの的である「白王子」こと白河くんとの同居に心を踊らせる由宇だったが、そこには「黒王子」と恐れられるドS男子・黒崎くんもいた。由宇は副寮長でもある黒崎くんに逆らった罰として突然ファーストキスを奪われ、「絶対服従」を言い渡されてしまう。

★【スタッフ】
監督:月川翔(関連作品:『この世で俺/僕だけ』)
脚本:松田裕子(関連作品:『L・DK』)
撮影:木村信也
音楽:牧戸太郎

★【キャスト】
中島健人、小松菜奈、千葉雄大、高月彩良、岸優太、岡山天音、中村靖日、池谷のぶえ、鈴木裕乃、北村優衣、長谷川里桃、黒崎レイナ、山崎あみ、鈴木美羽、川津明日香

【無料動画】

映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』予告編

映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』予告編

(C)「黒崎くんの言いなりになんてならない」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【雑学(トリビア)】
・映画の前日譚としてスペシャルドラマがTV放送された。

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年3月1日) 
中島健人のイメージビデオと思えばいいのかな。ひたすら何も考えずに見ていればよく、嫌な感情や不快な感情に一切ならずに見られる。タイトルに反して「言いなりになればいい」のです。ここまで振り切っているとコメディ気分でツッコむのもアホらしいですからね。それにしても中島健人はピアノもなかなかの腕前ということをこの作品で初めて知ったのでした。天は何物も与えているいい例です。世の中は不公平で、バランスが悪いのですよ…。
BILIBILI (2016年3月2日) 
壁ドン、足ドン、壁ドン、床ドン。あらゆる手段でドンドンする。もうこのままリズムをきざんでミュージカルになってもおかしくない。少女漫画あるあるを詰め込んで実写で再現するとこうなるのかと茫然。わかったことは、やっぱり実際に漫画みたいなことをするとちょっと気持ち悪いという事実。さすがにイケメンならなんでも許されるのは無理だったか。それでも頑張ってお仕事をする中島健人のプロ魂は見事であり、そこは称賛してあげるべきだ。
PARAVI (2016年3月4日) 
映画としてどうとかこうとかじゃなくて、これは中島健人と千葉雄大のPV。ドSとか言うけど絶対ドMだ。王子2人が遊園地で空中バイクこいでるシーンの絵面の強さがもう。映像はこれまた古い昭和風な色彩で60年代の映画っぽさもあるのは意図しているのかな。中島健人と千葉雄大も凄いが、小松菜奈の異色さも凄い。つまり、この映画の世界は日本じゃない。黒崎ワールドである。私たちがいる日常とは地続きではない。そう思うと少し気が楽になった。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)