私たちのハァハァ

走れば届く気がした。それが私たちの青春だった

大好きなバンドのライブを見に行くため、北九州から1000キロ離れた東京へ自転車で向かう4人の女子高生を描いた青春ロードムービー。福岡県北九州市の片田舎に暮らすチエら女子高生4人組みは、福岡で行われたロックバンド「クリープハイプ」のライブの出待ちした際、バンドメンバーが口にした「東京のライブにもぜひ来てください」という言葉を真に受けて、東京行きを決意。高校3年生の最後の夏休みに、自転車で日本を横断する1000キロの旅を始める。

原題:私たちのハァハァ / 製作:日本(2015年) / 日本公開日:2015年9月12日 / 上映時間:90分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

6/29 DVD セル/レンタル同時解禁!映画『私たちのハァハァ』予告編

6/29 DVD セル/レンタル同時解禁!映画『私たちのハァハァ』予告編

© 2015「私たちのハァハァ」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼無料動画を見る方法▼

映画を無料で見ることができる手法の紹介は全て違法サイトだというのは極論ですが、ちゃんと適切な正しい動画サイトが存在します。それは動画配信サービスを利用する方法です。その手法では無料ではないのではと思うかもしれませんが、試用キャンペーンを使うことで一時的にタダで鑑賞ができます。その間は料金のかからない期間なので安心してください。

「気になっている動画配信サービス。でもどれを観ればいいのかわからない。たくさんありすぎて目移りする」そんなときはこちらの記事で紹介されている動画サイト(バナーのあるもの)を参考にしてください。視聴可能なVODを常に整理して、わかりやすく推薦しています。さらに情報を知りたければ、各動画サイトの詳細な解説を確認してください。より細かいオススメポイントをまとめています。

『私たちのハァハァ』の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:松居大悟
脚本:舘そらみ、松居大悟
撮影:塩谷大樹
音楽:クリープハイプ

★【キャスト】
井上苑子、大関れいか、真山朔、三浦透子、クリープハイプ、中村映里子、武田杏香、池松壮亮

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
??/10 ??% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.4/5.0 3.31/5.00 3.5/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画フリー  
自撮り風とドキュメンタリー風が入り混じった映像で、その度、意識が途切れる。でも、女の子の意識も同じくらい途切れやすいのかなってイメージ。ハゲるが興奮の形容詞で、すぐにケンカして、すぐに全て捨てられると思う。大人だと思ってても、全然子供で、信じたものが、絶対に正しいと思ってる。尾崎世界観に迷惑かけるからって言って、激情した文子が、真っ先に1番アーティストの迷惑になる衝動を露わにする。揺さぶられた一作であった。
●映画の無料動画で夢心地 
4人組の中でやたら歌とギターの上手い子がいるんですが、彼女、井上苑子ちゃんはツイキャス半年で視聴者数が100万人超えた人気者。演技が初めてと思えない達者ぶり。リーダー的存在で既に貫禄を感じる大関れいかちゃんはVineで中高生に大人気の動画アッパーだそうです。そんなSNS世代がバス内で交わすLINEのやり取りは今のところ映画に登場するSNS描写でNo.1ではなかろうか。こういう普遍的な作品に出会えて本当に良かったと心から思う。
●BILIBILI 
人が集まれば集まるほど、個ではなくなるのに、彼女たちから見れば、自分たちは圧倒的“個”だという描き方の映画。痛い行動で痛い思いをしているのが非常に響く。男をクソガキ呼ばわりするクソガキJKというこの構図。どこかで見たことがある。いや、どこかでこの痛々しい姿を自分も経験している。その姿に恥ずかしくなる。何かを吐き出したい気持ちはわかる。どんなに情報ツールが発達してもその鬱屈は変わらないと思うのでした。
●FANDANGONOW 
女子高生が四人揃うと怖いものなんて何もないキラキラ感が眩しい。今では絶対できないし、やらないようなことをやってしまうガッツをあのときの幼い女子高生は持っていた。若くてこういうことを一緒にやろう!と思ってくれる友達が周りにいることは救いだが、それが逆にこの彼女たちの世界の狭さを実感させてくれる。女子高生の根拠の無い衝動的なワクワクが、スマホ世代らしい演出によって鮮やかに描かれるという素晴らしい一作。