モヒカン故郷に帰る

動画『モヒカン故郷に帰る』を無料視聴

バカヤロー、だけど、ありがとう

原題:モヒカン故郷に帰る
製作:日本(2016年)
日本公開日:2016年4月9日
上映時間:125分
製作会社:オフィス・シロウズ
配給:東京テアトル
製作費:
興行収入:

★【評価】
映画.com 3.6 / 5.0
Yahoo!映画 3.49 / 5.00
Filmarks 3.8 / 5.0

★【あらすじ】
結婚報告のため瀬戸内海の故郷へ7年ぶりに帰ってきたモヒカン頭の永吉が、父や恋人、母、弟・浩二とともに繰り広げる悲喜こもごもを描いたホームドラマ。売れないデスメタルバンドのボーカル・永吉は、恋人の由佳が妊娠したことをきっかけに、瀬戸内海に浮かぶ故郷の戸鼻島へ7年ぶりに帰郷。同じく故郷を出ていたはずの弟もいつの間にか帰郷しており、久々に一家が顔をそろえるが、そこで父親のガンが発覚し…。

★【スタッフ】
監督:沖田修一(関連作品:『横道世之介』『南極料理人』)
脚本:沖田修一
撮影:芦澤明子
音楽:池永正二

★【キャスト】
松田龍平、柄本明、前田敦子、もたいまさこ、千葉雄大、木場勝己

【無料動画】

映画『モヒカン故郷に帰る』予告編

映画『モヒカン故郷に帰る』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼Hulu(2週間無料お試し)
人気の日本や海外のドラマシリーズも豊富に充実! PC・スマートフォン・タブレット・テレビどの端末からでもウォッチ。
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
映画配信サービス比較 Hulu
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年5月1日) 
邦画だと1番好きな監督である沖田修一。いつも独特の間でシリアスになりそうなところでも笑いを提供してくれるのが楽しいのです。今作もテンションは相変わらず。故郷に帰って、だんだん角が取れてくモヒカンがお父さんのためにあれやこれやと頑張る姿には感動しました。最終的に大切な人との別れが待ち受けるわけですが、なぜこんなにも笑ってしまうのか。お父さんの最期なんて悲しいはずなのに。死さえも笑いに変える沖田修一マジックですね。
映画フリー (2016年5月3日) 
あらすじを読んで泣ける話だと思うかもしれない。しかし、決して悲しい物語ではなく、むしろコメディ映画として仕上げている。これはお見事。吹奏楽で矢沢だったり、音楽室にショパンやモーツァルトと並んで矢沢がいたり、ピザのくだりなんか笑ってしまった。爆笑というより、クスッとしてしまうユーモアは実に日本らしい。矢沢は歴代音楽家に並ぶ偉人だったというノリもいいが、広島県民にとってカープの重要性もまた絶妙に笑わせてくる。
BILIBILI (2016年5月10日) 
絶妙な掛け合いでクスッと笑わせてくれる実力派俳優たち。松田龍平、柄本明、前田敦子とコメディをやらせたら上手い俳優を揃えているのでこの安心感です。モヒカンの松田龍平は似合っています。それに加えて、沖田監督の、人が死ぬ話をただのお涙頂戴にせず、笑えてほっこり心温まる作品にしてしまうところが実に良い。こういう映画を観てしまうと、人の死で安易に涙を誘おうとする他の映画が鼻で笑えるようになってきますね。
PARAVI (2016年5月14日) 
役者のアンサンブルが素晴らしい。前田敦子だからこそ間の抜けた感じが良いし、松田龍平の良い意味でやる気ない感じもナイス。そして、想像以上に広島ご当地映画になっている点にもびっくり。これは広島出身の人とそうでない人で、面白さのハマり具合が10倍くらい違ってくるレベル。吹奏楽部の女の子の楽器が錆びまーす!とか、ピザ屋レースとかのしょうもなさがたまらない。ユカちゃんとお母さんのネイルとかのやり取りも好き。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)