パッション(2012)

嫉妬と愛が渦巻く女の狂気

フランスのアラン・コルノー監督、リュディビーヌ・サニエ&クリスティン・スコット・トーマス主演で女同士の嫉妬や殺意を描いた「ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて」(2010・日本劇場未公開)を、ブライアン・デ・パルマ監督、レイチェル・マクアダムス&ノオミ・ラパス主演でリメイクしたミステリーサスペンス。野心家のクリスティーンは、狡猾さと大胆な行動力で広告会社の重役へとのぼりつめる。部下のイザベルは、最初はあこがれの存在だったクリスティーンに手柄を奪われ、同僚の前で恥をかかされた上に、恋人にも裏切られたことから、クリスティーンに対して殺意を抱くようになり…。

原題:Passion / 製作:フランス・ドイツ(2012年) / 日本公開日:2013年10月4日 / 上映時間:101分 / 製作会社: / 配給:

★【スタッフ】
監督:ブライアン・デ・パルマ
脚本:ブライアン・デ・パルマ
撮影:ホセ・ルイス・アルカイネ
音楽:ピノ・ドナッジオ

★【キャスト】
レイチェル・マクアダムス、ノオミ・ラパス、カロリーネ・ヘルフルト、ポール・アンダーソン、ベンヤミン・サドラー、ミヒャエル・ロチョフ

【無料動画】

映画『パッション』予告編

映画『パッション』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2016年1月3日) 
「パッション」と名の付く映画はたくさんありますが、こちらはブライアン・デ・パルマ版のパッションです。リメイクなんですね。ブロンド女、双子エピソード、画面分割、シャワーシーンなど随所にデパルマ・タッチの特徴が盛り込まれ、確かにブライアン・デ・パルマ監督しか撮れないなと思わせます。目の肥えたデパルマ・ファンでもじゅうぶん堪能できるし、知らない人もこれがデパルマかとその個性を実感できる濃さがあるでしょう。
映画FUN (2016年2月13日) 
ストーリー展開自体は、アラン・コルノー監督によるオリジナル作品『ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて』をほぼ踏襲しているが、オリジナル版でモヤッとしていた終盤部分に手を出して、処理している。物語が女性同士のバトルを描いた点はデ・パルマ監督の新たな試みとして面白かったが、画面分割シーンの使い方はかなり驚いた。流麗なカメラワークと映像美は独特であり、デ・パルマ監督の健在ぶりを示していたのは相変わらず嬉しかった。
STREAMIN (2016年2月24日) 
前半はシリアスなモンスター上司的展開です。こうして上司と部下による睨み合いみたいな感じで展開します。中盤は一転してホラー展開。そして後半になるとまた一転し今度はサスペンスタッチの推理パートに。目まぐるしくトーンが変わっていきます。ラストのラストでまたもやホラーテイストに。物語に翻弄されながらも、役者の名演もあって見入ってしまう。悪女役が新鮮なレイチェル・マクアダムスほか配役も言う事なしで、役者ファン大満足。