カーズ2

動画『カーズ2』を無料視聴

ピクサーの「カーズ」シリーズ第2作

原題:Cars 2
製作:アメリカ(2011年)
日本公開日:2011年7月30日
上映時間:112分
製作会社:Pixar Animation Studios
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
製作費:2億ドル
興行収入:5億6200万ドル
前作:『カーズ
次作:『カーズ クロスロード

★【評価】
Rotten Tomatoes 39%

★【あらすじ】
ジョン・ラセター監督によるピクサーアニメ「カーズ」(2006)の続編。前作に続きラセターが監督を務める。天才レーシングカーのマックィーンとおんぼろレッカー車メーターの珍コンビが、前作の舞台ラジエーター・スプリングスを飛び出し、日本をはじめフランス、イタリア、イギリスとワールド・グランプリレースを転戦。その道中でスパイ工作に巻き込まれていく姿を描く。「ピストン・カップ」で大活躍したライトニング・マックィーンはラジエーター・スプリングスでつかの間の休息を過ごしていたが、その最中「ワールド・グランプリ」への参加を招待される。それはバイオ燃料「アリノール」の有用性を伝えるイベントとして、この燃料を開発したアリノール社のCEOマイルズ・アクセルロッドにより企画されたものであった。しかし、そこには巨大な陰謀が…。

★【スタッフ】
監督:ジョン・ラセター
脚本:ベン・クイーン
撮影:シャロン・キャラハン
音楽:マイケル・ジアッキノ

★【キャスト】
ラリー・ザ・ケーブル・ガイ、オーウェン・ウィルソン、マイケル・ケイン、エミリー・モーティマー、エディ・イザード

【無料動画】

映画『カーズ2』予告編

映画『カーズ2』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
【U-NEXT×】
【dTV×】
【Hulu×】
TSUTAYATV
【au-Video×】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年2月2日) 
前作とはガラリと雰囲気が変化。車の燃料を巡るゴタゴタに巻き込まれるメーターを中心に話が進んで行くスパイカーアクションに変身しています。1作目がマックイーンの成長というテーマがあった反面、今作はそういうメッセージが弱まってしまったぶん、友情という普遍的な話になっています。子ども向けにシフトチェンジして、ターゲットを狭めたのかな。その作戦の成否はともかく、キャラの掘り下げは相変わらず上手いし、テンポも良かったです。
BILIBILI (2016年2月6日) 
車の擬人化を見事成功させ、ルート66を題材にノスタルジックな物語を繰り広げた前作とは打って変わって、本作ではエンタメ的なアクションに重きを置いた内容になっていた。今回の主役はマックィーンではなくメーター。ほとんどスピンオフに近い。なので1作目と同じ期待値で見るべきではない。頭のぶっ飛んだアクションから始まり、あまりにも現実離れし過ぎているシーンが多く、車がメインならではのほんとの「カーアクション」が楽しめる。
CRUNCHYROLL (2016年2月9日) 
ピクサーにとっては「トイストーリー」以来の長編シリーズの続編。「カーズ」はとくに子どもたちに人気で、本作はまさにそんな子どもたちのための映画になっている。大人はきっとこんなの現実的じゃないとか、脚本がおかしいとか、いろいろ気にするが、子どもたちにとってはどうでもいいこと。キャラクターが元気いっぱいに駆け回り、ハラハラさせてくれればそれでいいのです。メーターのキャラクターはその点、ベストマッチだったのでしょう。
ピクサー

★【ピクサー制作アニメ映画 を総復習!】

  • 第1作『トイ・ストーリー』(1995年)
  • 第2作『バグズ・ライフ』(1998年)
  • 第3作『トイ・ストーリー2』(1999年)
  • 第4作『モンスターズ・インク』(2001年)
  • 第5作『ファインディング・ニモ』(2003年)
  • 第6作『Mr.インクレディブル』(2004年)
  • 第7作『カーズ』(2006年)
  • 第8作『レミーのおいしいレストラン』(2007年)
  • 第9作『ウォーリー』(2008年)
  • 第10作『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)
  • 第11作『トイ・ストーリー3』(2010年)
  • 第12作『カーズ2』(2011年)
  • 第13作『メリダとおそろしの森』(2012年)
  • 第14作『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)
  • 第15作『インサイド・ヘッド』(2015年)
  • 第16作『アーロと少年』(2015年)
  • 第17作『ファインディング・ドリー』(2016年)
  • 第18作『カーズ クロスロード』(2017年)
  • 第19作『リメンバー・ミー』(2017年)
  • 第20作『インクレディブル・ファミリー』(2018年)

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)