ジョン・ウィック(1作目)

シリーズ第1弾。キアヌ・リーブスを怒らせてはいけない

原題:John Wick
製作:アメリカ(2014年)
日本公開日:2015年10月16日
上映時間:103分
製作会社:Thunder Road Pictures
配給:ポニーキャニオン
製作費:
興行収入:
次作:『ジョン・ウィック チャプター2

★【評価】
85% Rotten Tomatoes

【作品紹介・あらすじ
「マトリックス」シリーズのキアヌ・リーブスが主演を務め、元殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたアクション。「マトリックス」ほか数々の大作映画でスタントやスタントコーディネーターを手がけたチャド・スタエルスキが初メガホンをとり、銃とカンフーを融合させた新銃術「ガンフー」を中心とした独自のアクション世界を展開する。愛する女性ヘレンとの出会いをきっかけに、裏社会から足を洗った殺し屋ジョン・ウィック。しかし、ヘレンは病に倒れて帰らぬ人となってしまい、ジョンは悲しみに暮れる。そんなジョンのもとに、ヘレンが生前に用意していたデイジーという名の一匹の子犬が届けられる。亡き妻の思いが託されたデイジーとの生活で再び心に平穏を取り戻していくジョンだったが、ある日、ジョンの所有する車を狙って家に押し入ったロシアンマフィアが、デイジーを殺してしまう。生きる希望だったデイジーを奪われたジョンは、かつてその名をとどろかせた裏社会に舞い戻り、ロシアンマフィアの組織を相手に単身戦いを挑む。

★【スタッフ】
監督:チャド・スタエルスキ
脚本:デレク・コルスタッド
撮影:ジョナサン・セラ
音楽:タイラー・ベイツ、ジョエル・J・リチャード

★【キャスト】
キアヌ・リーブス、ミカエル・ニクビスト、アルフィー・アレン、ウィレム・デフォー、ブリジット・モイナハン、ディーン・ウィンタース、イアン・マクシェーン、ジョン・レグイザモ、デヴィッド・パトリック・ケリー

【無料動画】

キアヌ・リーヴス復活!『ジョン・ウィック』本予告編

キアヌ・リーヴス復活!『ジョン・ウィック』本予告編

(C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (c) David Lee


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●映画FUN (2017年1月10日) 
主人公補正という言葉があるがそれを逆手に取ってひたすら「コイツ、ヤバい、強い!」のノリで突き進んでいくアクション。その斬新さはそれだけでなく、常に近接ガンアクションでヘッドショットを決めていくスタイルと、殺し屋業界という存在が確かにある世界観設定がまた面白く、意外な深みをもたらしてくれる。煽りに煽るヴィゴにも動じずに目的を果たそうとするキラーマシーンっぷりが、まさに敵キャラと同じく笑うしかない状況に。
●VUDU (2017年5月11日) 
亡き妻がプレゼントしてくれた愛犬を殺された。これ以上の復讐の理由があるだろうか。キアヌ・リーブスを楽しめるか楽しめないかで評価が変わるでしょうが、それを差し置いても、この作品の圧倒的なマニアの需要に応えるサービス精神が素晴らしいのです。はい、こういうのを見たかったのでしょう?というニーズにダイレクトにお答えするプロっぷり。これが「ジョンウィック」の魅力。他にアクション映画にはない世界観の広がりも見事。