ダイ・ハード ラスト・デイ

運の悪さは遺伝するのか! シリーズ第5弾

原題:A Good Day to Die Hard
製作:アメリカ(2013年)
日本公開日:2013年2月14日
上映時間:98分
製作会社:Giant Pictures
配給:20世紀フォックス
製作費:9200万ドル
興行収入:3億400万ドル
前作:『ダイ・ハード4.0

★【評価】
14% Rotten Tomatoes

★【あらすじ】
ブルース・ウィリス主演の人気アクションシリーズ第5作。ニューヨーク市警の刑事ジョン・マクレーンは、遠くロシアの地で警察沙汰のトラブルを起こした息子ジャックの身柄を引き取りにモスクワへ降り立つ。しかし、到着早々にテロ事件に巻き込まれたことをきっかけに、大物政治家や大富豪、軍人らが暗躍する巨大な陰謀を壊滅させるためジャックとともに奮闘するはめになる。

★【スタッフ】
監督:ジョン・ムーア
脚本:スキップ・ウッズ、ジェイソン・ケラー
撮影:ジョナサン・セラ
音楽:マルコ・ベルトラミ

★【キャスト】
ブルース・ウィリス、ジェイ・コートニー、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、セバスチャン・コッホ、ラシャ・ブコビッチ、コール・ハウザー、ユーリヤ・スニギル、アマウリー・ノラスコ、セルゲイ・コルスニコフ、パシャ・D・リンチニコフ

【無料動画】

映画『ダイ・ハード/ラスト・デイ』予告編

映画『ダイ・ハード/ラスト・デイ』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
宇多丸:ザ・シネマハスラー

映画フリー (2016年1月13日) 
ロシアで息子と戯れる第5弾。運が悪いというよりは、完全に火中の栗を拾うお騒がせ野郎になっているけど、これだけシリーズを重ねたら伝統芸にもなるか。特に前半カーアクションはアホっぽくて好き。なんでわざわざみんなそんな危ない運転するのか全くわからないけどなんかすげぇ運転しちゃう意味不明さとか正直嫌いじゃない。ただ、なんのために誰と戦ってるのかみたいな整理は全くなく、ダイ・ハードって何だったかなという気分になる。
SPACEMOV (2016年1月21日) 
世代交代のダイ・ハードシリーズ。親子揃って盛大に暴れ過ぎである。老境に差し掛かったマクレーンことブルース・ウィリス。一作目から25年、前作『ダイ・ハード4.0』から6年もすれば老いも顕著になりますか。しかし、俺をジジイと呼ぶなとばかりに今作でも闘う。確実に老いてはいますが、寧ろ歳を重ねて刹那主義になったような怖ささえもある。それとももう開き直って好きにやりたい放題しているだけなのか。とにかくもう運の問題じゃない。
DAILYMOTION (2016年1月24日) 
ブルース・ウィリスはもう殺せないのじゃないかな。そういう不滅の存在になりつつあるし。ガラスにタックルしたことないんでどのくらい痛いのか詳細は分かんないですけど、ガラスの破片と一緒に不時着的なことしてるのにすぐ立ち上がって走れるってことは案外刺さらないんですかね? それともブルース・ウィリスの肉体は超合金でできているのかな。後者な気がしてきた。ロシアも毎度毎度敵になったり、陰謀に巻き込まれたり、ご苦労様です。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)