愛の渦

動画『愛の渦』を無料視聴

さまざまな欲望が乱れるむきだしの世界

原題:愛の渦
製作:日本(2013年)
日本公開日:2014年3月1日
上映時間:123分
製作会社:ステアウェイ
配給:クロックワークス
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
2006年・第50回岸田國士戯曲賞を受賞した、演劇ユニット「ポツドール」の同名舞台劇を映画化。ポツドール主宰の劇作家・三浦大輔が自ら映画用に脚本を書き下ろし、メガホンもとった。フリーター、女子大生、サラリーマン、OL、保育士など、ごく普通の人々が六本木のマンションの一室に集まり、毎夜繰り広げる乱交パーティに明け暮れる姿を通して、性欲やそれに伴う感情に振り回される人間の本質やせつなさを描き出していく。

★【スタッフ】
監督:三浦大輔
脚本:三浦大輔
撮影:早坂伸
音楽:海田庄吾

★【キャスト】
池松壮亮、門脇麦、滝藤賢一、中村映里子、新井浩文、三津谷葉子、駒木根隆介、赤澤セリ、柄本時生、信江勇、窪塚洋介、田中哲司

【無料動画】

映画『愛の渦』予告編

映画『愛の渦』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon
▼DMM見放題chライト(2週間無料お試し)
ムフフな動画をひとりでじっくり邪魔されずにどうぞ!
▽今すぐ見る ⇒ リンク先のページへ
映画配信サービス比較 DMM

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2016年1月3日) 
映画のほとんどが裸で男女8人による乱交をしている姿を描くのだが、いわゆるポルノではないのが特徴で、人間ドラマを描いています。一期一会でこの夜のある時間だけ集った見知らぬ男女。目的は体を交わることだが、その理由は各々で違う。そんな公にはしづらい思いを抱えて、密かな駆け引きの中で、誰が誰を相手に選ぶかなどをぎこちなく決めていく。これは一時の自己満足なのか、それとも…。非常に突き放した人間観察作品として優秀すぎる一作。
BILIBILI (2016年1月4日) 
劇団ポツドールの舞台を映画化で、ポツドールの作・演出である三浦大輔自身が監督をつとめているので、基本的には同じ。深夜0時から午前5時までの5時間、人間たちの乱れたパーティの一夜を描く。バスタオル一枚で部屋に集められた見ず知らずの8人が、それでは始めてください、でパッと始められるわけもなく、はりつめた沈黙の中で、おずおずと探り探りしていく様子がメチャメチャリアル。居たたまれなくて堪らない。楽しいのかな、これ。
OPENLOAD (2016年1月7日) 
とにかくラストシーンが印象的。後日、池松壮亮が門脇麦と再会しカフェで話すシーン。ああいった非日常の中で、本能さらけ出した自分をどう捉えるか。その男女差みたいなのが如実に表れるやりとり。男は「あの場所の自分こそ、本当の自分だった」と言い、女は「あの場所の私は私じゃなかった」と言う。明確になる男女の決定的な違い。あの夜、つながっているような二人は実は全然つながっていなかったのだった。男にとっては悲しい現実か。
DAILYMOTION (2016年1月9日) 
俳優の皆さん、本当に凄いです。とくに池松壮亮と門脇麦。二人とも大人しそうに見えるから余計に際立つ。体を張った演技の多い二人ですが、今作はとくに生々しくて、エロいというよりは、野生の感じがする。コミュニケーションとしてのセックスを描いているように見えて、いろいろとすれ違っているのがまた残酷だったりして。人はむきだしになっても見せないものがあるのだと思う。映画は、人とは気まずくなるから一緒に見れないのでそこは注意。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)