ローン・サバイバー

想像を絶する戦場の現実

原題:Lone Survivor
製作:アメリカ(2013年)
日本公開日:2014年3月21日
上映時間:121分
製作会社:Emmett/Furla Films
配給:ポニーキャニオン、東宝東和
製作費:4000万ドル
興行収入:1億5400万ドル

★【評価】
Rotten Tomatoes 75%

★【あらすじ】
米海軍特殊部隊ネイビーシールズ創設以来最大の惨事と言われた「レッド・ウィング作戦」を、マーク・ウォールバーグ主演、ピーター・バーグ監督で映画化。2005年6月、アフガニスタンの山岳地帯で偵察活動中の4人のシールズ隊員は、あるひとつの決断によって、200人を超すタリバン兵の攻撃にさらされることになる。極限の状況を生き延び、奇跡の生還を果たした唯一の隊員マーカス・ラトレルが執筆し、全米ベストセラーとなったノンフィクション「アフガン、たった一人の生還」が原作。

★【スタッフ】
監督:ピーター・バーグ
脚本:ピーター・バーグ
撮影:トビアス・シュリッスラー
音楽:エクスプロージョンズ・イン・ザ・スカイ、スティーブ・ジャブロンスキー

★【キャスト】
マーク・ウォールバーグ、テイラー・キッチュ、エミール・ハーシュ、ベン・フォスター、アリ・スリマン、エリック・バナ、アレクサンダー・ルドウィグ、ジェリー・フェレーラ、ユセフ・アザミ、サミー・シーク

【無料動画】

映画『ローン・サバイバー』予告編

映画『ローン・サバイバー』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【Gyao】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼Hulu(2週間無料お試し)
人気の日本や海外のドラマシリーズも豊富に充実! PC・スマートフォン・タブレット・テレビどの端末からでもウォッチ。
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
映画配信サービス比較 Hulu
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

映画フリー (2016年3月4日) 
作戦のほんの一つの躓き、判断ミスから最悪の展開に至ってしまう。彼らはこれでもプロフェッショナルだし、任務については真面目に取り組んでいる。なのに、戦場はそんな彼らを嘲笑うかのようにいとも簡単に翻弄する。まるで実際にの戦争はTVゲームのようにはいかないのだと伝えるかのようだ。ピーター・バーグ監督は映像描写についてのリアリティは言うまでもなく凄まじいので、この生々しい現実に猛烈な真実味を与えてくれるのが魅力だ。
STREAMIN (2016年3月7日) 
「パルトゥーンの掟」は、助けが必要な人は、誰であろうと助ける。マーカスを助けたパルシュトゥーン族に2000年も続く掟。アメリカ人のマーカスを助けることでタリバンから命を狙われることを覚悟してまで、他国の人を助けることはどれだけ勇気がいることか。現に、それ以降約10年間に渡ってその助けた家族はタリバンから狙われていたそうだ。この存在を最後にオチとして見せるあたりといい、本作は単純なアメリカ絶賛映画ではないことがわかる。
DAILYMOTION (2016年3月9日) 
ネイビーシールズ史上最大の犠牲者を出した作戦ではあるが、これ実は200人のタリバン兵対4人ではなく、実際に戦闘に参加したタリバン兵は10数人だったとの話や、50人以上のタリバン兵を殺害したとの話だが、実際のそのあとの現地調査では死骸は一体も発見できなかったとの話もあり、真実は謎。しかし、そんな真実性よりも映画演出とその語り口の秀逸さに感心してしまう。ピーター・バーグ作品は傷を痛々しく描くのが本当に上手い。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)