カンフー・パンダ2

動画『カンフー・パンダ2』を無料視聴

パンダはますますパワーアップ!

原題:Kung Fu Panda 2
製作:アメリカ(2011年)
日本公開日:2011年8月19日
上映時間:90分
製作会社:DreamWorks Animation
配給:パラマウント映画
製作費:1億5000万ドル
興行収入:6億6500万ドル
前作:『カンフー・パンダ
次作:『カンフー・パンダ3

★【評価】
Rotten Tomatoes 81%

★【あらすじ】
2008年にヒットしたドリームワークス・アニメーション「カンフー・パンダ」の続編。カンフーを習得し伝説の“龍の戦士”となった小心者で食いしん坊のポーは、有能なマスター5たちとともに強力な武器を操り、中国を制圧してカンフーを抹殺するという野望に燃える新たなる敵、孔雀のシェン大老と戦う。

★【スタッフ】
監督:ジェニファー・ユー・ネルソン
脚本:ジョナサン・エイベル、グレン・バーガー
音楽:ハンス・ジマー、ジョン・パウエル

★【キャスト(キャラクター)】
ジャック・ブラック(マスター・ポー)、アンジェリーナ・ジョリー(マスター・タイガー)、ダスティン・ホフマン(シーフー老師)、ジャッキー・チェン(マスター・モンキー)、セス・ローゲン(マスター・カマキリ)、デビッド・クロス(マスター・ツル)、ジェームズ・ホン(ミスター・ピン)、ゲイリー・オールドマン(シェン大老)、ジャン=クロード・ヴァン・ダム(マスター・ワニ)

【無料動画】

カンフー・パンダ2 – 予告編

カンフー・パンダ2 - 予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼Hulu(2週間無料お試し)
人気の日本や海外のドラマシリーズも豊富に充実! PC・スマートフォン・タブレット・テレビどの端末からでもウォッチ。
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
映画配信サービス比較 Hulu
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2016年1月8日) 
前作より割とヒーローらしさがアップした主人公パンダ。でもやっぱりというか、相変わらずちょっと抜けてる。可愛いのはそのまま、モフモフもそのまま。竜の戦士になっても同じ。前作の面白さでもあるストーリーの完成度とわかりやすさが抜群に光る。こんなに単純に楽しい娯楽映画もない。今を生きるおおらかなポーと、未来に怯えなりふりかわまずピリピリと生きる孔雀のシェンの対比をパンダの白と黒、陰と陽で表すのも地味にうまい演出。
映画フリー (2016年1月13日) 
絶妙なアニメーションとコメディタッチな動きがとにかく笑える。しかも声優は全員ハリウッドスターという、あまりにも豪華すぎるキャスト。ゲイリー・オールドマンとか、ジャン=クロード・ヴァン・ダムまでいる。なんでこんな大勢揃えられたのか。考えてみればジャッキー・チェンもいるのだから凄い名俳優です。これ実写だったら絶対にありえないですよね。そういうのを想像しながら観てみるのも違った面白さがあっていいですよ。
CRUNCHYROLL (2016年5月25日) 
カンフー映画の傑作。自分は何者なのか?という内向きなテーマと父親との関係性を上手く絡めて、それをカンフーの、内なる平和という究極の目的で巧みに表現する。更に、カンフーは銃火器に勝てないというテーマまで詰め込んで、獅子舞バトルまで取り入れた、カンフー映画てんこ盛り映画なのである。このシリーズはラストの能力の開花がいつも最高のカタルシスなのだが、今作もとんでもなく気持ちがいい。これはぜひ見て味わってほしい。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)