珍遊記

絶対に観ろ。バカヤロー!

原題:珍遊記
製作:日本(2016年)
日本公開日:2016年2月27日
上映時間:100分
製作会社:DLE
配給:東映
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
映画.com 2.6 / 5.0
Yahoo!映画 2.89 / 5.00
Filmarks 2.5 / 5.0

【あらすじ】
漫☆画太郎の「珍遊記 太郎とゆかいな仲間たち」を、松山ケンイチ主演で実写映画化。原作は「西遊記」をモチーフにしたギャグ漫画で、1990年から92年にかけて「週刊少年ジャンプ」で連載された。天竺を目指して旅を続けていた玄奘(げんじょう)は、偶然立ち寄った家の老人から、天下の不良少年・山田太郎を更生させて欲しいと頼まれる。宝珠の力で太郎の恐るべき妖力を封印した玄奘は、嫌々ながらも太郎を引き取り、ともに旅をすることになるが…。

【スタッフ】
監督:山口雄大(関連作品:『アブダクティ』、『デッドボール』)
脚本:おおかわら、松原秀
撮影:福本淳
音楽:森野宣彦

【キャスト】
松山ケンイチ、倉科カナ、溝端淳平、田山涼成、笹野高史、温水洋一、ピエール瀧、板尾創路

【動画】

映画『珍遊記』予告編

映画『珍遊記』予告編

(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
【Gyao】


にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!

▼作品をより深く知る▼

【インタビュー】
松山ケンイチ「画太郎さんは唯一無二の存在で、僕にとっての栄養剤です」
松山ケンイチ「撮影の前から腹筋を緩めて、おなかを突き出すようにしていました。あとは太郎は毛がないイメージと言われたので、全身の毛を剃りました」

【感想・批評】

映画フリー (2016年2月10日) star_5
小学生が喜びそうなレベルの下ネタですが、出演者がみんな振り切れた演技を全力で披露しているので、忘年会の宴会芸みたいな感覚で楽しむのが吉。松山ケンイチはもちろん、倉科カナがアホすぎて愛らしいくらいなので、見ていてこちらも幸せになる。こんなアホな映画をちゃんとキャリアのある大人達が大真面目に作ったことで、この業界もまだまだ捨てたものじゃないと思わせる意味では、きっとこの映画を作った価値があったはず。はずだ。
BILIBILI (2016年2月11日) star_5
最も実写化が難しいであろうギャグマンガの映画化。ほとんどコントです。くだらないギャグの連続。そこに意味を探すのも不可能なくらいの無駄そのもの。でも、そういう作品だからしょうがない。むしろこの作品はスベッてこそ成功といえるぐらいだろう。でも、世の中にはこれよりはるかに大作でしっかりドラマをしている原作の実写化でもなぜか学芸会状態になって大失敗している映画もあるので、この作品はまだマシという悲しい現実も…。
PARAVI (2016年2月12日) star_5
タイトルまでがクライマックス、さらに言うとじじいばばあがピーク、さらに言うとばばあ役の笹野高史がフィナーレ。あえてポイントを示すのもバカらしいが、それでも言うしかないのがこのクオリティ。漫画が実写化される度に成功か失敗かというお決まりの話になるし、大抵は失敗だと卑下されるけど、これに関してはそもそも漫画を嫌いな人が多いだろうから、嫌いな人は今作も嫌いだろうし、好きな人はこれも好きじゃないとおかしいと思う。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする