ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!

エドガー・ライト監督の痛快酔っ払いコメディ

原題:The World’s End
製作:イギリス(2013年)
日本公開日:2014年4月12日
上映時間:108分
製作会社:Relativity Media
配給:シンカ
製作費:2000万ドル
興行収入:4600万ドル

★【評価】
Rotten Tomatoes 89%

「ショーン・オブ・ザ・デッド」、「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」のエドガー・ライト監督と主演サイモン・ペッグ&ニック・フロストのトリオが、母国イギリスを舞台に描くSFコメディ。20年前、一晩で12軒のパブをめぐる「ゴールデン・マイル」に失敗したことが忘れられないゲイリーは、再挑戦するために当時の仲間アンディら4人を集め、故郷ニュートンヘイブンに舞い戻る。やがて5人は、町の人々の様子がおかしいことに気づくが、戸惑いながらもひたすら12軒目のパブ「ワールズ・エンド」を目指して飲み続ける。

★【スタッフ】
監督:エドガー・ライト
脚本:サイモン・ペッグ、エドガー・ライト
撮影:ビル・ポープ
音楽:スティーブン・プライス

★【キャスト(キャラクター)】
サイモン・ペッグ(ゲイリー・キング)、ニック・フロスト(アンディ・ナイトリー)、パディ・コンシダイン(スティーヴン・プリンス)、マーティン・フリーマン(オリヴァー・チェンバレン)、エディ・マーサン(ピーター・ペイジ)、ロザムンド・パイク(サム・チェンバレン)、ピアース・ブロスナン(ガイ・シェパード)

【無料動画】

映画『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』予告編

映画『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩の映画評論。

映画の無料動画で夢心地(2016年1月4日) 
サイモン・ペッグとニック・フロスト、エドガー・ライト監督の三部作ラスト。コメディど真ん中と思ったら、どんどんアクションが増えてダークなSFになっていくと思ったら、やっぱりコメディで。しっちゃかめっちゃかな映画になっています。テーマも「過去の栄光、辛い現在との訣別」「アイデンティティ」「世代交代」を感じさせてコメディの割に深い。しかし、表面上はひたすらアルコールを呑んでいるだけというビジュアルのギャップが可笑しい。
映画フリー (2016年1月8日) 
学生の時にチャレンジしたがラストまで到達できなかった街のパブ13件制覇の夢。いい歳こいたオッサンになって再チャレンジして故郷でバブ巡りを始めるけど、なんだか街の様子が変で…。印象的なのは主人公であるサイモン演じるゲイリー・キング。ゲイリーの人生はどん底まで落ちていき、精神病患者とみなされる。そんな彼の人生這い上がりの足掻きだったわけで、実は意味もなく酔っぱらっていたわけじゃなかったとわかる展開はアツい。
SPACEMOV (2016年1月29日) 
途中から話が明後日の方向にすっ飛び始め、すっ飛んだままで最後まで着地どころか戻って来すらしないという展開。何とかタイトルだけは回収して大騒ぎのまま終幕。ぼーっと見ていると、何だったのかと戸惑う人もいるかもだが、しっかりイギリス社会を風刺し、あらゆる映画ネタをぶっこみ、ギャグをギャグで終わらせない監督の実力はさすがのもの。地球荒廃のくだりはB級感さえある突き放した開き直りっぷりが個人的に大好きになるオチだった。