300 スリーハンドレッド 帝国の進撃

動画『300 スリーハンドレッド 帝国の進撃』を無料視聴

壮絶な戦いはさらに過激にスケールアップ!

原題:300: Rise of an Empire
製作:アメリカ(2014年)
日本公開日:2014年6月20日
上映時間:103分
製作会社:Legendary Pictures
配給:ワーナー・ブラザース
製作費:1億1000万ドル
興行収入:3億3700万ドル

★【評価】
42% Rotten Tomatoes

★【あらすじ】
フランク・ミラーのグラフィックノベルを原作に、100万人のペルシア帝国軍に対してわずか300人で立ち向かったスパルタ兵士たちの戦いを描いた歴史アクション「300 スリーハンドレッド」の7年ぶりとなる続編。紀元前480年、スパルタのレオニダス王が300人の精鋭で100万人のペルシア帝国軍と戦っていた頃、ギリシャのテミストクレス将軍もまた、自由と平和を守るため立ち上がり、その旗の下に集まった同胞たちとともに3倍に及ぶペルシャ軍との戦いに乗り出す。ギリシャ生まれでありながら、虐げられた過去を持ち、ギリシャに対して復讐心を抱くペルシャの海軍女指揮官アルテミシアは、テミストクレスを敵ながらも評価し、味方に引き入れようと交渉してくるが、テミストクレスはこれを拒否。アルテミシアの怒りと復讐心は増大し、ギリシャを壊滅させようと進撃を開始する。

★【スタッフ】
監督:ノーム・ムロ
脚本:ザック・スナイダー、カート・ジョンスタッド
撮影:サイモン・ダガン
音楽:ジャンキー・XL

★【キャスト(キャラクター)】
サリバン・ステイプルトン(テミストクレス)、エバ・グリーン(アルテミシア)、レナ・ヘディ(ゴルゴ王妃)、ハンス・マシソン(アエスキロス)、ロドリゴ・サントロ(クセルクセス)、イガル・ノール(ダレイオス王)、カラン・マルヴェイ(スキリアス)

【動画】

『300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』予告編

『300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』予告編


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
【Gyao】

『300 スリーハンドレッド 帝国の進撃』の動画は「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「auビデオパス」で見ることができます。動画が止まったり、余計な広告が邪魔したり、リンク切れに悩んだり、そんな心配は必要ありません。安心安全な動画視聴を無料で体験するチャンスです。配信には期間があるので登録はお早めに。DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を今すぐにチェック。オフィシャルな動画サイトで高品質な作品が毎日更新されています。登録はすぐに完了できて、面倒なことはないので安心できます。


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼Hulu(2週間無料お試し)
人気の日本や海外のドラマシリーズも豊富に充実! PC・スマートフォン・タブレット・テレビどの端末からでもウォッチ。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Hulu
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Videomarket

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月2日) star_5
あのスパルタンなマッスル達の続編。物語は前回のテルモピレーの戦いのきっかけと戦中、戦後を描く。前作の鑑賞は可能な限りしたほうがいい。陸地で戦う前作とは変わり海上戦なのでまた別の迫力はある。今作は敵側にも多くの焦点を当てている点で戦争を俯瞰的に表現しています。そのため、一作目ほどのインパクトは期待できないのは当然として、感情移入もそこまでありませんでしたが、エヴァグリーンがなんともいえずキーな存在で魅力的でした。
映画フリー (2016年1月4日) star_5
前作の『300』を見ているので、作風や世界観など中身はほとんど新鮮味なかったが、前作の「その頃、一方」という具合で今回の戦いが設定されるのは面白かった。『300』といえば神王クセルクセスの個性的で圧倒的な存在感と、レオニダスの寡兵でありながら熱い信念とカリスマ性の対峙。しかし、今回はペルシア軍の司令官アルテミシアという、冷徹な女性キャラクターとしてピカイチな存在感が本編を支配するのが一番の見どころ。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする

フォローする(最新更新情報をチェック)