あの日のように抱きしめて

強制収容所からの生還はさらなる試練の始まり

原題:Phoenix
製作:ドイツ(2014年)
日本公開日:2015年8月15日
上映時間:98分
製作会社:Schramm Film Koerner & Weber
配給:アルバトロス・フィルム
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 98%

★【あらすじ】
「東ベルリンから来た女」のクリスティアン・ペッツォルト監督と主演のニーナ・ホス、共演のロナルト・ツェアフェルトが再タッグを組み、ナチスの強制収容所で顔に大怪我を負った妻と、変貌した妻に気づかない夫の愛の行方を描いたサスペンスドラマ。1945年、ベルリン。ネリーは強制収容所から奇跡的に生き残ったものの顔に大きな傷を負い、再生手術を受ける。過去を取り戻すために夫ジョニーを探し出そうと奔走するネリーは、ついにジョニーと再会を果たす。しかし、ジョニーは顔の変わった彼女が自分の妻ネリーであることに気づかないばかりか、収容所で亡くなった妻になりすまして遺産をせしめようと彼女に持ちかける。夫は本当に自分を愛していたのか、それともナチスに寝返り自分を裏切ったのかを知るため、ネリーは彼の提案を受け入れることにするが…。

★【スタッフ】
監督:クリスティアン・ペッツォルト
脚本:クリスティアン・ペッツォルト
撮影:ハンス・フロム
音楽:シュテファン・ビル

★【キャスト】
ニーナ・ホス、ロナルト・ツェアフェルト、ニーナ・クンツェンドルフ

【無料動画】

映画『あの日のように抱きしめて』予告編映像

映画『あの日のように抱きしめて』予告編映像


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月8日) 
夫の愛を信じ続ける妻ネリーと妻を裏切り、遺産を得ようと仮の夫婦を演じ続ける夫。すれ違いではなく、悲しい愛の始まりだった。想像も出来ないほどの辛い過去を背負わざるを得ない人達がいる。それでも愛を求めて前を向いた彼女の勇気を素直に讃えたい。希望を見出したと感じた瞬間それが絶望へと変わる、その何とも言えない表情を演じたニーナ・ホスが素晴らしかった。かなり変わったストーリーで意外性込みで楽しめる一作だと思う。
OPENLOAD (2016年3月9日) 
邦題が何とも腑に落ちない。言わんとすることはわかるけど、そんな単純な話にしてよいのかとも思ってしまう。原題の「Phoenix」が難しいのはわかるのですがね。真実を察して身を引くか、真実を察して殺すか、真実を共有させることで一生苦しめるか、真実を共有して傷を癒し合うか、もしくは…。時代に翻弄され、戦争に引き裂かれた人間の哀しい運命をこうも巧みに描けるなんて素晴らしいと思うし、美しさもひき立っていた。
DAILYMOTION (2016年3月13日) 
なんて儚くて悲しい話だろう。ネリーの最後の歌でジョーが気づいたんじゃなくてもっとずっと前から気づいたけど気づいてないふりをしていたのではないかと思う。そう考えると余計に辛いが。ホロコーストを描いた作品はどうしても重くなりがちだけど、本作は「めまい」的な取り憑かれ男とファスビンダー的な愛にすがりつく女のメロドラマがベースとなり、独自性が際立つ。ラストの切れ味もよかったし、これはぜひ見てほしい一作だ。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)