神なるオオカミ

オオカミに魅せられた青年が辿る運命とは…

原題:狼图腾 Wolf Totem
製作:中国・フランス(2015年)
日本公開日:2016年1月12日
上映時間:121分
製作会社:
配給:ツイン
製作費:
興行収入:

★【評価】
Rotten Tomatoes 71%

★【あらすじ】
「セブン・イヤーズ・イン・チベット」「愛人 ラマン」「スターリングラード」などの名作を手がけてきたジャン=ジャック・アノー監督がメガホンをとり、文化大革命により内モンゴルの草原にやってきた北京出身の知識人の青年が、そこで地元の民が神と崇めるオオカミと交流する姿を描いたドラマ。原作は、中国人作家ジャン・ロンが2004年に発表した同名の自伝的小説。文革期の1967年、モンゴル内陸部へ羊飼いの遊牧民たちに勉強を教えるため下放されたチャン・ジェン。そこで彼は、地元民が聖なる動物として崇めるオオカミについて多くを学び、その存在に魅了される。チェンは赤ん坊のオオカミを保護し、飼い慣らそうとするが…。

★【スタッフ】
監督:ジャン=ジャック・アノー
脚本:アラン・ゴダール、ジャン=ジャック・アノー、ルー・ウェイ、ジョン・コリー
撮影:ジャン=マリー・ドルージュ
音楽:ジェームズ・ホーナー

★【キャスト】
ウィリアム・フォン、ショーン・ドウ、バーサンジャブ、アンヒニヤミ・ラグチャア

【無料動画】

神なるオオカミ

神なるオオカミ


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月20日) 
ジャン=ジャック・アノー監督というと、以前「セブン・イヤーズ・イン・チベット」で子供の頃のダライ・ラマに会った西洋人を描いて中国当局と対立した意味深い過去があるが、今度はフランスとの合作で、文化大革命当時の内モンゴルに下放された青年の話を描くという、相変わらず攻めているスタイルだ。オオカミを扱うというのも安易に動物ものに逃げた気もするが、群れて規律を守るオオカミの姿は、腐敗した中国にないものなのかもしれない。
SPACEMOV (2016年3月12日) 
とにかくロケーションの素晴らしさに惚れ惚れします! モンゴルの雄大な草原。四季折々の景色は圧巻です。本作にはオオカミが一杯出てきますが、彼らたちの芝居が最高! アニマルトレーナーが本物のオオカミを4年かけて調教したそうですが、それが見事な程、映像に刻まれています。話は単なる動物モノではなく、この監督らしく、プロットには政治や国家風刺が込められていて、今作は民族問題を印象付ける色が濃い気がします。
STREAMIN (2016年3月16日) 
作者のジャン・ロンの実体験を元にしたというがまるでフィクションにしか思えない壮大さだった。広大な中アジアで駆け回る馬とオオカミの雄大さ、映像美の極みを存分に味わえます。神にも近いとされる存在のオオカミの、寄りにもよってその子供を育てるという罰当たり的な行為を最後まで貫こうとするチャンの行動は常軌を逸しているとも言える。しかし、その姿は野生で自由に生きる命を統率し、管理しようとする国家の姿に重なるものがあった。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)