ソロモンの偽証 後篇・裁判

動画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』を無料視聴

ついに裁判が始まる。衝撃の真相とは…

原題:ソロモンの偽証 後篇・裁判
製作:日本(2015年)
日本公開日:2015年4月11日
上映時間:146分
製作会社:松竹撮影所
配給:松竹
製作費:
興行収入:5.78億円
前作:『ソロモンの偽証 前篇・事件

★【あらすじ】
宮部みゆきが作家生活25年の集大成として9年間にわたり連載して書き上げたミステリー巨編「ソロモンの偽証」を、「八日目の蝉」の成島出監督が映画化した2部作の後編。男子生徒・柏木卓也の死から始まった一連の事件に揺れる城東第三中学校で、前代未聞となる子どもによる子どもだけの校内裁判が行われることになった。告発状によって柏木卓也殺害の嫌疑をかけられた問題児の大出俊次を被告に、校内裁判の提案者である藤野涼子は、検事として大出の有罪を立証しようとする。対して、他校生でありながら裁判に参加する神原和彦は大出の弁護人となり、涼子と対峙する。さまざまな思惑が絡まり合う中、涼子らは必死で真相を究明しようとするが…。

★【スタッフ】
監督:成島出
脚本:真辺克彦
撮影:藤澤順一
音楽:安川午朗

★【キャスト】
藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、望月歩、西畑澪花、若林時英、西村成忠、加藤幹夫、石川新太、佐々木蔵之介、夏川結衣、尾野真千子、小日向文世、大河内浩、松重豊

【無料動画】

映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』予告編

映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼Hulu(2週間無料お試し)
人気の日本や海外のドラマシリーズも豊富に充実! PC・スマートフォン・タブレット・テレビどの端末からでもウォッチ。
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
映画配信サービス比較 Hulu
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月4日) 
この映画の中学生役の方達がほぼ無名だったのが私は好きです。そんな子たちが名演を繰り広げて展開するミステリーもついに後編。ジャンルで言えば真相解明は一番面白いところです。なぜ自殺したのかという不思議な要素や神秘性が消えてしまう内容は残念という人もいますが、それこそこの映画が伝えたいこと。現実はそんなものなのです。空想的なストーリーは通用しない。あくまで生々しい苦い現実がそこに横たわっているだけ。それが残酷です。
BILIBILI (2016年1月7日) 
某子どもの探偵が出てくる映画は現実離れした子どもが常人ではないスキルで難題を解決していくチートなミステリーですが、こちらはいたって現実的。でも、そこがいい。この映画に出演する子どもたちの素な感じがまた見入ってしまう魅力があって、主役の子もいいし、他の子たちも全て良い。もはや演じている感じさえしません。彼らが卒業後どうなったか興味あるし、知りたいけど、それを観る側に想像させるようなラストも良かったですね。
DAILYMOTION (2016年1月8日) 
どんでん返しと言うほどではなかったし、神原はある程度予想の範囲だったけど、本作は予想外の衝撃で驚かせるタイプのミステリーじゃないんですね。いわゆるその程度のことだったのか系であり、それこそ人間の本質を浮き上がらせるのです。人は勝手に他人にキャラを押し付けて、行動の理由や動機を妄想するけど、そんなの意味はないのかな。未来に立ち向かえる思春期と、結局は自分を誤魔化すことだけは上手になるオトナ。悲しいけどリアルです。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)