あん(2015)

動画『あん』を無料視聴

樹木希林の演技が絶賛された名作

原題:あん
製作:日本(2015年)
日本公開日:2015年5月30日
上映時間:113分
製作会社:組画、COMME DES CINEMAS
配給:エレファントハウス
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
「萌の朱雀」で史上最年少でカンヌ国際映画祭新人監督賞を受賞、「殯の森」ではカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した河瀬直美監督が、2014年に旭日小綬章を受章した名女優・樹木希林を主演に迎え、ドリアン助川の同名小説の映画化。あることがキッカケで刑務所暮しを経験し、どら焼き屋の雇われ店長として日々を過ごしていた千太郎。ある日、店で働くことを懇願する老女、徳江が現れ、彼女が作る粒あんの美味しさが評判を呼んで店は繁盛していく。しかし、徳江がかつてハンセン病を患っていたという噂が流れたことで客足が遠のいてしまい、千太郎は徳江を辞めさせなければならなくなる。おとなしく店を去った徳江だったが、彼女のことが気にかかる千太郎は、徳江と心を通わせていた近所の女子中学生ワカナとともに、徳江の足跡をたどる。

★【スタッフ】
監督:河瀬直美
脚本:河瀬直美
撮影:穐山茂樹

★【キャスト】
樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、水野美紀、太賀、兼松若人

【無料動画】

映画『あん』予告編

映画『あん』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【受賞】
第7回TAMA映画賞で最優秀男優賞と最優秀女優賞を受賞。
第40回報知映画賞で主演女優賞を受賞。

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月5日) 
「あんを炊いているときの私は、いつも小豆の言葉に耳を澄ませていました。それは、小豆が見てきた雨の日や晴れの日を想像することです。どんな風に吹かれて小豆がここまでやってきたのか、旅の話を聞いてあげること。そう、聞くんです。」この言葉が耳を離れない。まさに語り掛けるような映画だった。そして、いつのまにか人生を後押しされていた。心の底から感動できるとはこういう映画のことをいうのだろうか。不思議な満足感に満たされた。
STREAMIN (2016年1月14日) 
心揺さぶられる演技という褒め言葉を安易に使いたくないのに、この作品に関しては使わざるを得ない。いい演技で、いい脚本で、何よりもいい映画だった。監督がどうこうというべきなのかもしれないけれど、それを超えて、いい映画だった。序盤の樹木希林の「このお店で働けるのね」と涙をするシーン。この時点でその理由は不明なのだが、でもすでに何かただごとならぬものがあることを感じさせる。こんなにも俳優って凄いと思ったのは初だ。
BILIBILI (2016年1月17日) 
あらすじや前評判を調べずに観た本作ですが、とても感動しました。これはネタバレなしで観るのがベストですね。生きていくことをどう捉えるか、この映画から教えてもらいました。普段なら繋がらない3人の交流が素晴らしかった。ひとつひとつの会話やコミュニケーションの取り方がものすごく自然で素朴。全部アドリブなんじゃないかってぐらいの自然体。生きるために、この世界に生まれたとするならば、生きる意味は必ず見つけ出せますね。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)