6才のボクが、大人になるまで。

実際に12年をかけて撮影した、本当に人生ドラマ

「ビフォア・ミッドナイト」のリチャード・リンクレイター監督が、ひとりの少年の6歳から18歳までの成長と家族の軌跡を、実際に12年をかけて撮影したドラマ。主人公の少年メイソンを演じるエラー・コルトレーンを筆頭に、母親役のパトリシア・アークエット、父親役のイーサン・ホーク、姉役のローレライ・リンクレーターの4人の俳優が、12年間同じ役を演じ続けて完成された。米テキサス州に住む6歳の少年メイソンは、キャリアアップのために大学に入学した母に伴われてヒューストンに転居し、その地で多感な思春期を過ごす。アラスカから戻って来た父との再会や母の再婚、義父の暴力、初恋などを経験し、大人になっていくメイソンは、やがてアート写真家という将来の夢を見つけ、母親のもとを巣立つ。12年という歳月の中で、母は大学教員になり、ミュージシャンを目指していた父も就職し、再婚して新たな子が生まれるなど、家族にも変化が生まれていた。

原題:Boyhood / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開日:2014年11月14日 / 上映時間:165分 / 製作会社:IFC Productions / 配給:東宝東和

★【スタッフ】
監督:リチャード・リンクレイター
脚本:リチャード・リンクレイター
撮影:リー・ダニエル、シェーン・F・ケリー

★【キャスト】
エラー・コルトレーン、ローレライ・リンクレイター、パトリシア・アークエット、イーサン・ホーク

【無料動画】

映画『6才のボクが、大人になるまで。』予告編

映画『6才のボクが、大人になるまで。』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
Rotten Tomatoes 98%

第87回アカデミー賞で助演女優賞を受賞。
第72回ゴールデングローブ賞で最優秀作品賞(ドラマ)・最優秀助演女優賞・最優秀監督賞を受賞。

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

映画フリー (2016年4月12日) 
名シーンが多すぎて困る。でも一番は終盤の母の涙かな。「あっけない人生だわ。事件といえば、結婚して、出産して、離婚した。あなたの失語症を心配して、自転車の乗り方を心配して…もっと長いかと思ってた」この言葉に込められた人生の意味ときたら。強い母で、涙を見せない母だった。その人が最後に見せる涙は、三時間弱の尺では語り切れない本物の人生が詰まっていたように思い、これこそ誰もが感じる「人生は短い」ってことなんですよね。
OPENLOAD (2016年5月12日) 
息子の成長も素晴らしいが、親の成長も素晴らしい。12年間かけて撮影する。脚本も子供の成長に合わせて書いていくから着地点がわからないままスタートする。だから役者も成長していくし、それは大人も同じ。わからないことだらけで、でも前に進むしかない。結果、たどりついた今の居場所はこれでいいのか。問いかけても自信はない。その不安も見事に表現したリチャード・リンクレイターの才能と実験的な挑戦はもはやお見事である。必見だ。
STREAMIN (2016年6月12日) 
実話の映画化は多いけれど、事実の映画化って珍しい。どういうことかと言えば、この作品でのキャラの成長は演じる役者の成長とシンクロしている。このリアルタイムさが妙な感動を生むのだ。ズルい作品ともいえるが、これを成功させたのは凄い。普通は思いついても途中で頓挫する可能性が高いのだから。リチャード・リンクレイター監督はこれまでも「ビフォア」3部作を同じ主演俳優で撮ってきたのでそのノウハウが活かされた形なのだろうか。